40代からでもつるつる肌になりたい人のための3つの方法

40代を過ぎてからどんなにお手入れを頑張っても肌の元気がなかなか出ない!
と嘆いている女性のために40代からでも間に合う元気肌の作り方をお伝えします。

スポンサーリンク



40代から始める!肌をつるつるにする3つの方法

2015-11-05_223421若い子の肌に負けないツルツル肌を目指すために40代の肌がおこなうお手入れポイントは何でしょう?

セラミドでワンランク上の保湿ケア

セラミドは私たちの肌に備わっている保湿機能です。

若い時には肌内部にたっぷりあったセラミドも年齢とともに減少し始め40代を過ぎると激減してしまうのです。

これが乾燥やハリ・弾力不足にもつながっているのですが、これを解決するためにはセラミド成分を配合している化粧品を使った保湿ケアが有効です。

ピーリングで古い角質を落としてターンオーバー正常化

若い肌は28日ごとに生まれ変わりますが、40代を過ぎた肌のターンオーバーは著しく遅くなり人によっては40~50日もかかることも。

この状態が続くと新しい皮膚が生まれず古い角質ばかりが残ってしまうので、くすみや乾燥、シワやたるみの原因になってしまいます。

これを解決するには、ピーリングがオススメです。

ピーリングは古い角質を意図的に剥がすお手入れで、定期的におこなうことで正常なターンオーバーがおこなわれ肌がどんどん若返るのです。

外食は控えてバランスのいい食事をとる

肌にとって嬉しい食事はビタミンやミネラルなどをたっぷり含む野菜中心のメニューですが
外食では野菜をたっぷりと摂ることは難しく、どうしても油っこいメニューが中心になりがちです。

日頃はできるだけ自炊を心がけ、野菜をたっぷりとれる食事を心がけましょう。

40代から気になる顔のテカテカは保湿不足が原因!

私たちのお肌は水分と皮脂がお互いに助け合って機能をしています。

どちらかが不足をするとそれを補うためにどちらかが過剰に出てしまうのですね。

つまり、加齢により慢性的な水分不足になってしまうとこれを補おうと皮脂が過剰に出てしまうのです。

40代からの皮脂を抑えるならしっかりと水分を与え皮脂の働きを正常にすることが大切なのです。

コスメにお金をかける比重はファンデよりも基礎化粧品

お肌のトラブルを隠したいからと機能性の高いファンデーションを使いたくなる気持ちも分かります。

しかし、ファンデーションはあくまでもその場しのぎのアイテムでしかないですね。

本当の意味でのツヤツヤ肌を作るならファンデーションではなく、基礎化粧品での贅沢をお勧めします。

基礎化粧品もいろいろなものがありますが、それなりの値段のものはキチンと使えば効果も出るものがほとんどです。

自信の持てるツヤツヤ肌を目指すなら基礎化粧品にお金をかけましょう。

まとめ

 セラミドでワンランク上の保湿ケア
 ピーリングで古い角質を落としてターンオーバー正常化
 外食は控えてバランスのいい食事をとる
 40代から気になる顔のテカテカは保湿不足が原因!
 コスメにお金をかける比重はファンデよりも基礎化粧品

以上のことに意識をしてお手入れをすることで40代でもツルツル美肌が実現します。

20代に負けない肌造りを目指して一緒に頑張りましょう!

短期間で毛穴を閉じる効果の高い化粧品|比較ランキング

2018-03-09_181308

 ayanasu(アヤナス)

スクリーンショット 2017-12-19 21.25.28

 肌が弱くても使える低刺激化粧品
 セラミドで高保湿ケア!!毛穴が目立たなくなる
 コラーゲンの生成をサポートする美容成分配合
 10日分のトライアルセットでまずはお試し
 30日間の返金保証付き

>>アヤナスの詳細はこちら

>>口コミ・レビューはこちら

 HABA(ハーバー)スクワラン

2018-02-07_075645

 高品位スクワランで毛穴がふっくら目立たなくなる
 老け見えの原因になるくすみや小じわにも効果あり
 1本で3か月使えるからコスパ抜群
 初回限定で3ヶ月分が1512円

ハーバーの詳細はこちら >>

 米肌(MAIHADA)

2018-02-19_165712

 セラミドを産生するライスパワーNO.11配合
 保水力が高く、頬の毛穴の目立ちに効果的
 美的やGINGERなど有名女性雑誌で多数特集
 有名ブランドKOSEの通販限定の基礎化粧品

>> 米肌の詳細はこちら

毛穴ケアにおススメの化粧品!!悩み別ランキング♪

この記事はいかがでしたでしょうか?あなたの参考になれば幸いです^^b


もしも、記事を読んで気に入って頂きましたら
下記のソーシャルボタンで共有して頂けましたら日々の更新の励みになります(#^.^#)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓