毛穴のたるみを治す方法って?たるんだ毛穴を治す1番の方法をご紹介

最近は20代でも悩みの種となりつつある毛穴のたるみ…(汗)1度肌がたるんでしまうと中々元の自分の肌に戻れない!なんてことないですか?

今回はそんな毛穴のたるみを治す為のスキンケア方法についてお話していこうと思います^^

毛穴のたるみを治すには基本的なスキンケアの徹底が1番の近道

 

当サイトでも何度も取り上げているたるみ毛穴ですが、このたるみを改善するためには“肌のハリと弾力”を取り戻す必要があります!

そして、この肌のハリと弾力を維持するために必要不可欠なのがコラーゲンです。

肌の表面にある表皮を支えるのは、「真皮」と呼ばれる〝お肌の土台”です。
この〝お肌の土台”である「真皮」は、水分を除けば約70%はコラーゲンでできているんです!

つまり、コラーゲンが肌の奥でバネのような弾力を保つことで、肌にハリや弾力が生まれ、肌は重力に負けずに維持されているのです。

しかし、このコラーゲンは20代をピークとして、30代から徐々に失われてしまうのです。これが「真皮の老化」です。「真皮の老化」は、コラーゲンだけでなく、一緒にお肌の土台を構成している、エラスチンやヒアルロン酸も減少させていきます。それにより、肌のハリや弾力が徐々に失われ、たるみやシワが出来てくるのです。

この「真皮の老化」は加齢によって進行します。また、紫外線や活性酸素、糖質の摂り過ぎなども「真皮の老化」には影響し、コラーゲンやエラスチンを変形させ、たるみやシワができるのを加速させます。

とはいえ、加齢をとめることは難しく、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは、年を重ねるごとに減少してしまいます。

またコラーゲンは、コラーゲン自体が配合されている食品やサプリなどで取り入れても、あまり意味がないことがあります。コラーゲンを摂取しても、そのまま肌のコラーゲンになるわけではないからです。コラーゲンを摂取することで、コラーゲン繊維をつくる組織を刺激して、コラーゲンを生み出すことはできます。

なので、コラーゲンを食品やサプリなどを摂取する際は、その働きを助けるビタミンCを一緒に摂取すると効果が期待できます。もしくは、コラーゲン自体を生成することが出来る成分が配合されているものを選ぶのもいいでしょう。

コラーゲンを摂取しても、なかなか肌のコラーゲンにはならないので、「真皮の老化」はとめられない?なんて思う方がいるかもしれませんが、実は「真皮の老化」を食い止めることは可能なのです!それは、適切なスキンケア製品で基本的なスキンケアを行うことです。

毛穴のたるみをスキンケアで即効で治すポイント

コラーゲンの生成を促す美容成分配合の化粧品を使う

2015-10-16_210153

エイジング化粧品といわれるスキンケア製品には、基本的なスキンケアを行うことで、肌のハリや弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の減少(真皮の老化)を食い止める働きがあります。

それは、真皮(お肌の土台)の主要成分であるコラーゲンをはじめ、エラスチンやヒアルロン酸の生成をサポート成分が含まれているからです。

つまり、エイジング化粧品を使用することで、20代から減少していくコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、お肌を担う成分を、肌の奥からつくり出すことができるのです。

このようなエイジング化粧品を使用して、基本的なスキンケアを行うことで、肌のハリと弾力を取り戻し、たるみを改善することができます。

保湿で肌が乾燥しないようにする

2015-11-24_230809

肌が乾燥していると、毛穴が引っ張られることで、毛穴自体が開いてしまいます。

毛穴が開くと、毛穴のたるみが起こりやすくなります。毛穴を目立たなくするにも、保湿で肌が乾燥しないようにすることは大切です。

肌の乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こしやすくなります。

肌が乾燥することによって、肌の中に異物が入り込むことを防ぐバリア機能が衰えます。バリア機能が衰えると、外的刺激に弱くなり肌荒れの原因になります。

また、バリア機能の衰えは、真皮の働きにも影響し、正常にお肌の土台となるコラーゲンなどを生成できなくなってしまうのです。肌に赤みやヒリヒリ感やかゆみが起こることがあると思いますが、それはバリア機能が弱まっている証拠です。

肌を乾燥から守り、バリア機能を強化することが、たるみにならない美肌をつくる近道です。

・セラミド
・ヒアルロン酸

これらの保湿成分が配合されている化粧品を選ぶと、肌を乾燥から守り、バリア機能強化につながります。

ほうれい線をつくらないピーリング

肌の弾力が衰えてくると、毛穴を支える力が弱くなり、毛穴のたるみが起こります。
このたるみの起こった細長い毛穴が集まると、ほうれい線ができやすくなります。

定期的にピーリング剤や、スクラブ洗顔などを行うと、ほうれい線を招きやすい細長い毛穴を予防できます。

その際は、ほうれい線のできやすい小鼻から、小鼻の脇を中心に行うと効果的です。(部分的に行うのみでもOK)ただ、肌に赤みが起きたり、ピリピリ感がある場合は使用を控えましょう。また、スクラブ洗顔で力を入れすぎるのも逆に肌を痛めてしまうので気をつけましょう。

頬からあごのたるみにリンパマッサージ

顔の中でも脂肪が厚い部分で、表情筋が衰えたり、リンパの流れが滞ると、この脂肪を支えられなくなり、輪郭が全体的に垂れ下がってきます。顔全体がたるむため、毛穴のたるみも深刻に。

リンパは、体の中の老廃物や疲労物質を回収して、静脈に戻す働きをします。流れが停滞したり、老廃物を含んだリンパが滞ると、むくみや、たるみの原因になるのです。なので、定期的にリンパマッサージをすることが有効です。

リンパマッサージの仕方は、指先の第一関節くらいまでを使って、あごの中央から→左右のあごの付け根(耳の下まで)→鎖骨→両脇にむかって、一定方向にリンパ液を流すようにマッサージします。最後に、両脇を中心にもみ込むようにマッサージすると、リンパ液が静脈に戻ります。

老廃物がたまっていると、リンパマッサージで多少の痛みがありますが、しっかりと流されると、痛みがなくなってきます。

洗顔の見直し

毎日正しい洗顔やクレンジングを行うと、余分な皮脂や、毛穴の奥の汚れが洗い流されるため、毛穴の詰まりは起こりません。

毛穴の詰まると、毛穴の黒ずんだり、毛穴の開きがうまれたりします。さらに、毛穴が開くことで、毛穴のたるみも生じてしまいます。

毛穴の詰まりを予防するためにも、朝晩はやさしい泡洗顔で余分な皮脂を洗い流し、夜はしっかりクレンジングで毛穴の奥の汚れを落としきりましょう。

しかし、クレンジングでは気をつけないといけないことがあります。

クレンジングで肌をマッサージしすぎてしまうことです。クレンジングは汚れを浮き上がる成分が配合されているので、なでるようにやさしくマッサージするようにしましょう。

とくに、目の周りの皮膚は薄いため、アイメイクを落とすために、クレンジングで力を入れて強くマッサージしすぎると、目の周りのたるみにつながるので注意が必要です。

 

毛穴のたるみケアで頼りになる選りすぐりの化粧品2選

今回は、毛穴のたるみをしっかりとケアしてくれるエイジング化粧品をおすすめします!
とくに、前項でご説明したような、肌や毛穴のたるみケアに必要な成分や機能が凝縮されたものを選んでいます。

敏感肌対応!コラーゲンを生成するたるみケア専用の化粧品「アヤナス」

2016-10-31_075001


エイジング化粧品は成分が強すぎて、ヒリヒリしたり赤みが出る
肌のたるみも、乾燥も気になる!
最近、肌がくすんだような気がする。シミが出来てる!

そんな複合的な悩みを解決するエイジング化粧品が「アヤナス」なんです!

独自成分〝CVアルギネート”によって、コラーゲンの生成をサポート。
肌のハリや弾力をよみがえらせ、たるみのない肌や毛穴へと導きます。

また、エイジング化粧品は攻めのスキンケアともいわれ、成分が強すぎるものが多いのですが、効果が期待できるのに、敏感肌の方も使えるようにお肌にやさしい処方になっています。

その秘密は、バリア機能を修復する保水力を高めるセラミドを配合したり、抗炎症作用のあるコウエキスが配合されているからです。荒れた肌を沈めながら、やさしく保湿してくれます。さらに、無添加というすぐれものなのです!

そして、メラニンの生成を抑制するローズマリーエキスを配合しているので、くすみやシミの予防もできるのです。

「アヤナス」だから解決できる!複合的なお肌の悩み

・肌のハリや弾力を回復し、たるみやシワをケアできる
・バリア機能を修復し、健やかで潤いのある肌へと育む
・メラニンの生成を抑制して、シミやくすみを予防して透明感のある肌をつくる

つまり、「アヤナス」なら、たるみ・シワ・乾燥・肌荒れ・敏感肌・シミ・くすみなど、あらゆるお肌の悩みを解決してくれるのです。

そして、もうひとつ「アヤナス」がおすすめな理由は、なんとスキンケアなのに使用しても【30日間の返金保証】が付いているんです!これなら、万が一お肌に合わなくても、効果が実感できなくても、返金してもらえるので、安心してお試しできますよね♪

あらゆる毛穴の悩みの救世主!薬学博士が開発したサイエンス化粧品「ビーグレーン」

2014-07-11_163913

毛穴の黒ずみや詰まり、たるみが気になる
最近、毛穴が目立ってきた気がする
化粧水を使用しても浸透しない

そんなあらゆる毛穴トラブルを解決するのが「ビーグレン」なんです!

毛穴トラブルの原因は、「詰まり」と「開き」です。

クレイ洗顔の泥の主成分「モンモリロナイト」は、毛穴の直径の約2,000分の1の大きさ。そのため、毛穴の中に入り込み、詰まりや汚れを取り除けるのです。

さらに、毛穴の詰まりや汚れを取り除いたあとに、即攻性の高いピュアビタミンCが浸透。肌バランスを整え、毛穴を引き締めます

そして、保湿型ビタミンC誘導体が肌にうるおいを与え、加水分解型コラーゲンが肌にハリと弾力をもたらします。肌にうるおいを与えながら、しっかりと引き締めるので、なめらかな肌が持続します。

「ビーグレン」だから解決できる!毛穴のあらゆる悩み

・毛穴の詰まりや黒ずみをしっかり奥から取り除いてくれる
・開いた毛穴を閉じたり、毛穴周りのシワやたるみを目立たなくしてくれる
・肌の奥まで美容成分が浸透して、うるおい透明肌が持続する

つまり、「ビーグレン」なら、毛穴の黒ずみ・詰まり・開き・シワ・たるみなどの毛穴トラブルを解決してくれるのです。

そして、「ビーグレン」も使用しても【365日間の返金保証】が付いているんです。なんと一年間も返金保証付きなんて強気ですよね。でもこれなら、安心してお試しできますね。しかも勧誘のお電話もしないと明言しているので安心です!

コラーゲンドリンクはたるみ毛穴に効かないの?

2016-03-26_001654
色々なコラーゲンドリンクが販売されており、人気がありますが、前項でも説明した通り、コラーゲンを摂取しても、肌のコラーゲンになるわけではありません。

コラーゲンを摂取すると、消化で分解され、コラーゲンペプチドという成分になります。血中濃度で、コラーゲンペプチドの分量があがると、コラーゲンを生成する組織が刺激されます。つまり、直接コラーゲンをつくるわけではなく、コラーゲンをつくる組織を徐々に活性化させられるということです。
そのためには、毎日継続的にコラーゲンドリンクを飲み続けなければなりません。

コラーゲンドリンクは、体全体のコラーゲンを増やすためには、時間がかかりますが有効です。

しかし、肌のたるみのためには、エイジング化粧品でスキンケアをする方が効果が高いように思います。なぜなら、エイジング化粧品では、直接コラーゲンを生成する成分自体を塗布するからです。

美顔ローラーは毛穴のたるみに効果的なのか?

色々な芸能人の方も使用していて一時期話題になった美顔ローラーですが、これもたるみに直接効くことはありません。

マッサージ効果で肌のたるみが解消されて、リフトアップ出来るような気がしますが、リンパマッサージの補助製品として考えましょう。

たしかに、血流が良くなり、リンパの流れを促進したりできるので、むくみの解消やたるみ予防にはつながります。しかし、直接たるみを解消したり、リフトアップをすることは難しいのです。

美容外科で毛穴のたるみを治す!のはどうだろう…

2015-10-31_025638まさに美容の最終手段!である美容外科で毛穴のたるみを治すことについて考えてみます。

美容外科で肌や毛穴のたるみを治すなら赤外線や高周波やレーザーによる施術方法があります。
レーザーは痛みがありますが、赤外線や高周波であれば、痛みを感じることも無く即効性が高く期待できるようです。

たるみ治療には、リファームという赤外線と高周波を組み合わせた施術が効果が高いようです。肌の深部に熱刺激を与えることで、コラーゲンを活性化させ、肌のハリや弾力をよみがえらせます。

美容外科は効果が高く、即効性もあるため、お肌の悩みを解消するには確実で手早い方法かもしれません。しかし、施術方法によっては、施術中に痛みがともなったり、肌に大きく負担がかかったりします。

ダウンタイムといって、肌が再生する前に、痛みやかゆみ、赤みなどが出ることがあります。この時期に炎症をうまくおさえることができなかったり、日焼けをしてしまったりすると、肌がうまく再生されずに、せっかくの施術も台無しになってしまいます。

また、美容外科の治療費は高めで、医院によって費用も違いますが、赤外線や高周波、レーザーであれば1回あたり2~10万円ほどかかります。さらに、効果の持続は約1カ月程度といわれており、定期的に施術を行う必要があります。したがって、最終的に高額の治療費がかかります。

美容外科は効果が高いですが、費用がかさみます。なので、美容外科に通うのは最終手段として、スキンケアで普段からエイジングケアをすることをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪