お肌のキメを整える4つの方法~お肌の老化はこれで防止する!

陶器のようなキメ細かい肌をしていると、それだけで繊細で、お手入れの行き届いている美しい人にみえませんか?

しかし、肌のキメが乱れていると、ファンデーションのノリも悪く、肌全体がくすんで暗くなってしまいます。

さらに、肌のキメが乱れることで、毛穴の目立ち・たるみ・小じわ・ほうれい線など、あらゆる肌トラブルを誘発してしまうことになります。

つまり、肌のキメが乱れるということは、どんどん肌の老化を促進するということなのです!

ということで、今回はそんな肌のキメを整えるために必要な4つの方法をお伝えしていこうと思います。

まずは確認!キメが乱れる原因はターンオーバーの乱れ

健康な皮膚は、本来28日に一度生まれ変わります。

これが、ターンオーバーのサイクルです。

正常なターンオーバーサイクルの場合、うるおいのあるキメの整った肌になります。

しかし、加齢や外的要因などさまざまなことが原因でターンオーバーのサイクルが乱れてしまいます。

20代で28日のターンオーバーが、40代では40日くらいになるといわれています。

ターンオーバーが乱れてしまうと、通常なら体の外に排出される角質が、そのまま肌にとどまってしまいます。それにより、さらに肌がゴワついてしまい、化粧水の浸透が悪くなってしまったり、肌の乾燥がはじまったりするのです。

さらに、この肌の乾燥の影響でキメが乱れてしまい、毛穴目立ち、たるみ、小じわ、ほうれい線など肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

したがって、肌のキメを整える=ターンオーバーの正常化ということを理解しておきましょう!

お肌のキメを整えるための4つの方法

それでは、肌のキメを整えるための具体的な方法についてです。

【1】睡眠時間をしっかりと確保する

2015-10-27_235243ターンオーバーは、夜寝ている間にもっとも盛んになります。

ターンオーバーを促進させるには、睡眠をしっかりとることが有効です。

睡眠中に成長ホルモンが分泌され、肌の内部の細胞分裂が行われます。そして、この成長ホルモンはとくに入眠3時間の間にたくさん分泌されます。

つまり、入眠から3時間がとくに重要なのです。

また、22時から2時は、肌のゴールデンタイムといわれています。その間に睡眠をとることが美肌のルールなのです。

しかし、なかなか22時までに入眠することは難しいと思います。

まずは、規則正しく毎日一定時間に就寝することが重要です。できる限り、同じ時間に寝るようにして、しっかりと睡眠時間を確保することを心がけましょう。

肌や内臓の修復には、最低でも6時間の睡眠が必要だといわれています。

できれば毎日6時間以上は睡眠をとるようにしましょう!これだけでもお肌の調子は見違えるようによくなります。

あとは、睡眠時にターンオーバーがしっかり促進されるように、メイクは必ず落として、さらにスキンケアを忘れずに行ってくださいね。

そうしなければ、肌のターンオーバーはうまく行われず、睡眠効果を得ることができなくなってしまいます。

【2】食生活の乱れ・栄養の偏りを正す

2015-10-27_235141食生活の乱れも、肌のキメが乱れる大きな原因になります。

多忙な仕事で生活リズムが乱れがちで、よく食事を外食やコンビニ弁当などで済ませている方は要注意です。

これではどうしても栄養が偏ってしまったり、塩分を摂り過ぎてしまいます。

健康やお肌のことを考えると、肉や魚、野菜などをバランスよく取り入れましょう。

女性の場合、栄養を意識すると、ついつい野菜中心になりがちですが、どれかに偏るのではなくバランスを取ることが重要です。

肌のキメを整える栄養素と食べ物

食生活が乱れてしまうと、体の健康状態が悪くなるのと同じように、肌の健康状態も悪くなってしまいます。

2015-10-14_215959

肌を健康に導くには、食生活を見直し、肌にも良い食べ物を毎日摂取するように心がけましょう。

健康な食生活を送ることで、キメの整った美肌を手に入れることができます。

ここでは、肌のキメを整える栄養素が含まれた食べ物についてご紹介していきすね。

タンパク質

タンパク質は、人間に一番大切な栄養素で、肌・内臓・筋肉などはこのタンパク質で成り立っています。

タンパク質にも、ケラチン・コラーゲン・エラスチンなどの種類があります。これらは人間の体の約30%を占めるほど重要な成分です。

そして、タンパク質は、肉類・魚類・卵・牛乳などの食べ物に多く含まれていますが、タンパク質の中でも、とくに魚類は質が良いとされています。

タンパク質を効率よく摂取したいとおもう思うのであれば、プロテインやクロレラを含むサプリメントを一緒に活用する方法もあります。

鉄分

人間は鉄分が不足すると貧血になってしまったり、血中の酸素が不足するため、体はもちろん肌にも影響を及ぼします。肌のターンオーバーも正常に行われなくなります。

鉄分は、レバー・赤みの肉や魚・ひじき・貝類・小松菜などに多く含まれています。

しかし、鉄分単体では身体への吸収率が低いので、タンパク質やビタミンCを含む食べ物と一緒に摂取とすると効果的です。

ビタミン類

肌のキメを整えるのに効果的なのは、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンEといわれています。

ビタミンAには、レチノールとβカロテンの2種類があり、皮膚や粘膜を丈夫にする役割があり、肌荒れ予防や、肌のターンオーバーを促進する効果があります。

レチノールは、レバー・うなぎ・卵・バターなどに多く含まれ、肌の酸化防止や老化防止の効果があります。

βカロテンは、ほうれん草・にんじん・かぼちゃ・にら・小松菜・わかめなどに多く含まれており、他のビタミンの効果を促進させてくれます。

他のビタミンの効果を促進させるβカロテンは、他のビタミン類と一緒に摂取すると効果的です。

ビタミンBには様々な種類がありますが、その中でも特にビタミンB2とB6には美肌効果があり、「皮膚のビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンB2は、レバー・うなぎ・卵・納豆・乳製品・葉菜類などに多く含まれており、皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果や、代謝を支えるという効果があります。

ビタミンB6は、青魚・種実類・にんにく・小麦胚芽なのに多く含まれており、タンパク質を体に吸収しやすくする効果があります。 

タンパク質は人間の体に大切な栄養素なので、吸収を助けるビタミンB6は一緒に摂取すると効果的ですね!

ビタミンCは、肌に良いとされる代表的なビタミンです。コラーゲンの生成を助け、過剰に分泌される皮脂を押さえる効果や肌荒れを予防してくれます。

ビタミンCは、フルーツ類・芋類・ブロッコリー・カリフラワー・パプリカ・ピーマン・お茶などに含まれています。

肌荒れは、キメの整った肌の大敵です。

また、コラーゲンは、肌のハリ・弾力に欠かせない成分です。

そんな肌荒れ予防やコラーゲンの生成を行ってくれるビタミンCは率先して摂取していきたい栄養素です。

水溶性で、流れやすい栄養素なので、毎日定期的にサプリメントで補うことをおすすめします。

ビタミンEには、血行を良くする効果や肌の老化を防ぐ効果があります。

血行が良くなることで摂取した栄養素が体中へと行き渡り、肌のターンオーバーを正常に行ってくれます。

ビタミンEは、ナッツ類・ごま・モロヘイヤ・アボカド・青魚・キングサーモンなどに含まれており、これらは油と一緒に食べると体に吸収されやすくなります

また、ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取することで、相乗効果でより効率よく摂取することができます。

肌のキメが完全に治る食べ物はない!

美肌を作るために食事から摂る栄養はとっても大切ですが、残念ながら食事だけに気を使っても肌のキメは改善されません。

なぜなら、食べ物から摂取する栄養は、一度血液を通じて肌細胞に届くために、効果が出るまでに時間がかかってしまうのです。

したがって、素早く効果を出したいなら肌に直接効果を与えるスキンケアが有効です。

もちろん一番効果的な方法は、栄養バランスの取れた食事とスキンケアです。

それにより、ターンオーバーが正常化され、キメの整った肌へと導かれます。

肌トラブルを起こしやすい食べ物

肌に良い食べ物があるように、あまり肌によくない食べ物もあるので注意が必要です。

とくに、カフェイン・脂分・冷たいものの摂取は控えた方が良いでしょう。

カフェインは、ビタミンCを壊し、肌のターンオーバーを乱す原因となります。

脂分は、コラーゲンの生成を妨げ、肌を酸化や老化させてしまいます。

また、冷たいものは内臓を冷やしてしまいます。内臓が冷えると、血行が悪くなり、栄養が体全体に行き渡らなくなります。また、老廃物を排出しづらくなります。

老廃物が体に溜まってしまうと、むくみやセルライトを引き起こしてしまいます。

肌トラブルを減らすためにも、これらカフェイン、脂質、冷たいものなどの食べ物は避けるようにしましょう。

【3】紫外線対策を1年通して継続的におこなう

2015-11-26_221554肌は傷つくと、傷ついた部分を早く外に出そうとターンオーバーが早くなってしまったり、また逆に、その部分が厚くなりターンオーバーが遅くなることもあります。

つまり、紫外線ダメージによって肌に傷がつくと、ターンオーバーが乱れてしまうのです。

さらに、紫外線は肌の乾燥を招いたり、表皮でメラニン色素をつくらせシミ・くすみの原因になります。そして、肌のハリや弾力に不可欠なコラーゲンを破壊して、シワやたるみも引き起こします。

紫外線は、まさに老化の原因で、美肌の大敵なのです。

そこで、毎日の紫外線対策は、キメ細かい肌をつくるためには必須です。

実は、3月~9月の紫外線量は真夏の紫外線量とたして変わらないくらい多いのです。

また、冬の間は頭上から降り注ぐ紫外線量は和らぎますが、太陽が低くなるため、紫外線が顔に直接あたるようになるのです。

したがって、夏の間だけではなく、紫外線対策は一年中行うことが大切です。

日焼け止めクリームを使用したり、日傘や、サングラスなどの活用して、紫外線対策をしっかり行いましょう。

【4】洗顔・保湿をしっかり!年齢に負けない肌づくり

2015-10-22_210842洗顔と保湿は、スキンケアに絶対に欠かせない工程です。

洗顔と保湿のどちらも、ターンオーバーを正常化させ、肌のキメを整えるために重要です。

これがしっかりできていないと、肌の老化も促進されてしまいます。

まずは洗顔で、余分な皮脂や汚れ、古い角質を落とし切り、毛穴の詰まりを解消します。

そして、化粧水を浸透させ、乳液やクリームなどの油分でフタをして、しっかりと肌に潤いを与える保湿ケアを行います。

こうした洗顔と保湿によって、ターンオーバーが正常に行われるようになります。

とくに、30代になったあたりから、加齢によってターンオーバーが遅れはじめ、肌が乾燥したり、ハリ・弾力が失われてきたりします。

これは、保湿に欠かせないセラミドという成分や、ハリ・弾力に必要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が徐々に減少していくからです。

したがって、30歳を過ぎたころからは、化粧水の成分にもしっかりと着目するようにしましょう。

とくに、セラミドが配合されているものは、肌のバリア機能を強化し、ターンオーバーを正常化してくれます。

そして、コラーゲンはそのものが成分として含有されているよりも、コラーゲンを生成してくれる成分が含有されているものを選ぶようにしましょう。

肌のキメを整えて若さをキープ!!おすすめのコスメ3選

ayanasu(アヤナス)

肌のキメを整えて陶器のようなツル肌になるならコレ!

毛穴のたるみ・ゆるみが気になる
ほうれい線や小じわも気になる
頬のたるみがひどい
老け顔を何とかしたい
アトピーで使える化粧品がなかなかない
カサカサ肌を何とかしたい

>>アヤナスの公式HPはこちらから

>>使用レビューはこちらから

米肌

アンチエイジングの救世主。加齢・乾燥の毛穴トラブルに最適です!

たるんだ毛穴を元に戻したい
毛穴の目立ちも気になる
コスパが高い化粧品がいい
最近、老け顔が気になる
ベタベタ肌を何とかしたい

>>米肌の公式HPはこちらから

ソワン

普通~オイリー肌の毛穴トラブルに!コスパの良い美容液。

たるんだ毛穴を元に戻したい
顔のテカりが気になる
コスパが高い化粧品がいい
夕方になるとファンデが浮く
ベタベタ肌を何とかしたい

>>ソワンの公式HPはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪