小鼻にファンデーションがたまる原因

朝、しっかりメイクしたはずなのに、午後になると鼻がテカついて、毛穴に残ってボツボツと目立ってしまうことや、ファンデーションがよれたり、小鼻の脇にたまってしまうことがありますよね。

そんなとき、慌ててファンデーションで化粧直しをしても、小鼻だけ厚塗りになっておかしい!なんてことなりませんか?

そんな、小鼻にファンデーションがたまってしまう原因と予防するメイク方法や、効果的な化粧直しの仕方についてご紹介します。

そして、さらに小鼻にファンデーションがたまらない美肌づくりについてもレクチャーしますね。

小鼻にファンデーションがたまる原因

小鼻がテカついたり、ファンデーションがよれたり、たまってしまう原因は、大きく2つあります。それは、肌の乾燥による毛穴の開きと、皮脂やメイクの油分の関係によるものです。

それでは、詳しく原因をみていきましょう。

乾燥による毛穴の開きが原因

肌が乾燥すると、皮膚がひっぱられ、毛穴が拡張しやすくなります。さらに、水分不足により、肌の弾力が失われ、毛穴の凹みが目立つようになります。

そこにファンデーションを塗ると、毛穴落ちといって、毛穴にファンデーションがたまってしまい、かえってボツボツと毛穴が目立ってしまいます。

皮脂とメイクの油分が原因

本来、皮脂は肌から水分が蒸発するのを防ぎ、なめらかな表皮を保つ大切な役割をしています。

しかし、肌が乾燥していると、表皮を保護しようと、毛穴から過剰な皮脂が分泌されます。そんな多すぎる皮脂が、化粧ヨレや崩れを引き起こすのです。

とくに、額や小鼻周辺は、他の部位よりも皮脂腺が多く存在しているため、化粧ヨレや崩れが起こりやすりやすいのです。

また、スキンケアやメイク用品に含まれる油分も原因の可能性があります。スキンケアやメイク用品の過剰な油分の乳液や、クリーム、化粧下地や日焼け止め、ファンデーションには油分が含まれているので、選ぶときには注意が必要です。

製品の油分は、肌の水分蒸発を防ぐためや、製品自体のテクスチャーを安定させるために含まれていますが、皮脂とのバランスでは多すぎる場合があります。

この多すぎる油分も、小鼻の化粧ヨレや崩れを引き起こす原因となります。

小鼻にファンデーションがたまるのを防ぐメイクの方法

スキンケアやメイク用品の選び方や、使い方を見直すだけで、小鼻の化粧ヨレや崩れを防ぐことができます。

まずは、油分の多い乳液やクリームの使用を控えたり、ジェルタイプや美容液に置き換えてみて、お肌の様子をみてみましょう。

また、高保湿仕様のスキンケアやメイク用品は、油分が多く含まれている可能性があるので、避けた方がいいかもしれません。

さらに、洗顔方法や、化粧下地の選び方、ファンデーションの塗り方を見直すのも効果的です!

洗顔の仕方

朝は忙しいから、「洗顔は水洗いだけで済ましてしまう」なんて方もいませんか?

夜にしっかり洗顔しても、寝ている間も皮脂が分泌され、汚れが付着してしまいます。したがって、朝の洗顔が水洗いだけでは、皮脂汚れを落としきることは難しく、化粧ヨレや崩れの原因になってしまいます。

まずは、朝晩の洗顔に洗顔料をたっぷり泡立てて洗うことを心がけましょう!

洗顔のポイントは、たっぷりの泡とぬるま湯です。洗顔料は十分に泡立て、たっぷりの泡で包み込むように優しく洗い上げましょう。

洗顔時の水は、30~35度くらいのぬるま湯が最適です。温度が高すぎると、必要な皮脂まで落としてしまうので、肌の乾燥につながります。

また、温度が低すぎても、毛穴が閉じてしまい、毛穴の汚れや皮脂が落ちにくくなってしまいます。

温度が高すぎても低すぎても、結果的に過剰皮脂分泌につながり、化粧ヨレや崩れの原因になります。熱すぎず、冷たいと感じない程度のぬるま湯を心がけましょう。

下地の選び方

まず、化粧下地や、ファンデーションの代わりに、BBクリームやCCクリームを使っている方は要注意です。実はこの2つは、通常の化粧下地やファンデーションより比較的油分が多く含まれている可能性があり、化粧ヨレや崩れの原因につながりやすいのです。

化粧下地を選ぶ際は、季節や肌質にあったものを選びましょう。

とくに比較的皮脂分泌の活発な春夏は、皮脂を吸着するサラッとしたタイプの化粧下地を選ぶと、化粧よれや崩れ防止に効果的です。

また、部位ごとに化粧下地を使い分ける方法もあります。

おでこや小鼻など、皮脂分泌の多い部位には、皮脂を吸着するタイプの下地を塗り、乾燥の気になる部位には、保湿するタイプの下地を塗るなど、部位やお肌の状態に合わせて化粧下地を使い分けることで、ファンデーションの密着度や、持ちに違いが出てきます。

ファンデーションの塗り方

化粧下地同様に、ファンデーションも選び方で化粧持ちが変わります。

ファンデーションは、パウダータイプより、リキッドタイプの方が油分が多く含まれています。また、ステックタイプはリキッドタイプよりも油分が多いのです。

化粧崩れがおきにくいと思って、リキッドタイプやステックタイプにしている方は、逆にパウダータイプに変えてみましょう。季節によって、ファンデーションのタイプを変えるのも効果的です。

ファンデーションの塗り方のポイントとしては、化粧下地を塗った後に、すぐにファンデーションを塗らないこと。

化粧下地がしっかりと肌に落ち着くまで待ちましょう。化粧下地が肌になじまないうちにファンデーションを重ねると、化粧のよれや崩れの原因になります。

化粧下地を塗ってから、少し時間を置いてファンデーションを重ねるようにするだけで、化粧持ちがグンと変わります。

また、ファンデーションのヨレや崩れ、たまりが気になる小鼻は、念入りにファンデーションを塗り込むよりも、薄くつけることがポイント。

他の部位を塗ったあとに、スポンジに残ったファンデーションを、軽くたたくようにつける程度でOK。厚塗りは、毛穴落ちによるボツボツや、小鼻の脇にたまる原因につながるので厳禁です!

忙しい朝の裏技!ホットタオル使い

朝も洗顔料を泡立てて、しっかり洗顔することは重要ですが、どうしても忙しい朝はそこまでできない!という方には、ホットタオル洗顔がおすすめです。

電子レンジなどで温めたタオルで、顔を温めて、拭いて、ぬるま湯で流すという簡単洗顔方法なんです。

肌を温めることで血行を促進し、毛穴を開き、汚れがスムーズに落ちるようになります。さらに、温めたことで肌が柔らかくなり、スキンケアの浸透も高めることができるのです。

忙しい朝はもちろん、夜の洗顔前にホットタオルを使うとさらに効果的です!その際は、いつものクレンジングにあとに、ホットタオルで顔を温めて、拭いてから、たっぷりの泡で洗顔しましょう。

毛穴の汚れ落ちと、スキンケアの浸透に違いが出てきます。

小鼻のメイクがよれた時の化粧直し

日中、化粧がよれ始めたときはまず皮脂を取りましょう。

このとき、オイリー肌タイプの方はあぶらとり紙を使ってもいいですが、ティッシュなどで抑えるだけでも、余分な皮脂を取り除くことができます。

また、何も着けていないスポンジを小鼻やテカっている肌に乗せると、余分な皮脂を取り除くことができます。

次に、小鼻の脇にたまったファンデーションや、毛穴落ちは、化粧下地や乳液を使ってならしましょう。このとき、つけすぎてしまったり、もたつくようなら、ティッシュや手などを使って余分な分を取り除きましょう。

小鼻の化粧直しには、薄くファンデーションを伸ばすのではなく、小鼻に指をそっとおいて、指で毛穴に入れる気持ちで、軽い力で叩き込むと綺麗に化粧直しをすることができます。このときも厚塗りは厳禁です。あくまで薄くつけることを心がけてください。

さらに、仕上げにルースパウダーを重ねれば、完璧です。

化粧ヨレや崩れは、小鼻の周りだけでなく、額や、目、口のまわりなど、あらゆる部位で起こります。

デスクワークなどで、肘をついて手に顔を乗せる人などは、特にファンデーションがまだらになっていることが多いので気をつけましょう。

小鼻にファンデーションたまらないスキンケアの方法

小鼻にファンデーションがたまってしまう原因は、日頃のスキンケアにも問題があります。

そもそも、小鼻がテカついたり、ファンデーションがヨレたり、たまったり、崩れたりしてしまうのは、皮脂の過剰分泌によるものです。その原因は、肌の乾燥による毛穴の開きあるのです。

この開いてしまった毛穴を閉じるスキンケアを行うことで、小鼻にファンデーションがたまることのない美肌をつくることができます!

まずは、普段のスキンケア方法から見直していきましょう。

開いた毛穴を閉じる4つの方法|おすすめの化粧品やスキンケアのポイント

2014.11.26

また30代以上の方で、以前と同じスキンケアやメイクをしているのに、年々化粧ヨレや崩れが気になってきているという方は、単純に毛穴の開きではなく、たるみ毛穴が原因かもしれません。

たるみ毛穴は、水分不足や加齢によって弾力の失われた肌が下垂し、毛穴が下にひっぱられることで長くなったり、毛穴同士が結合して、大きくなった状態のことです。

このたるみ毛穴は、とくに加齢によって深刻化します。なぜなら、加齢によってコラーゲンが減少し、肌の弾力が失われていくからです。

乾燥とエイジングケアの両方を意識したスキンケアが必要になってきます!

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪