小鼻にファンデーションがたまる原因とその予防方法

朝早くから起きて忙しいなか重要なのはお化粧です。

人は1秒以内、外見から人を判断するので女性にとってお化粧は何よりもの武器と言っても過言ではないでしょう。

でも、お昼を過ぎたり夕方になるとお化粧がよれてしまっていたりしませんか?

特に小鼻のあたりはファンデーションが浮いてしまって化粧直しをしてもまだらになってしまうこともあるはずです。ここでは、その原因と予防法についてお話ししていきます。

ファンデーションがよれる原因

ファンデーションがよれてしまう原因はいくつかあります。

その人の肌の体質であったり、化粧下地があっていなかったり、お化粧の仕方1つでよれる原因を減らすことができるのです。

肌の質が原因の場合

ファンデーションは肌に皮脂があり過ぎても浮いてきますし、逆に乾燥し過ぎても浮いてきてしまいます。

では、どうすればいいのかというとまず肌の保湿をしっかりとすることです。

朝は洗顔料を使わずに、水道水だけの洗顔でも充分に余分な皮脂を落とすことができます。洗顔をする前にフェイスタオルなど少し小さめのタオルを濡らしてお皿に乗せてレンジで1分加熱します。

顔に乗せても火傷しない程度に冷ましてから、顔に乗せて毛穴を開きます。その後、洗顔をすると毛穴汚れも落とせます。

このとき、ぬるま湯から水の順番にして毛穴を引き締めると、化粧水の浸透がいつもよりずっとしやすくなります。

そして、保湿クリームを塗るだけで朝の洗顔は完了です。保湿クリームにはセラミドやビタミンC誘導体が入ったものを選びましょう。

セラミドは実際に肌の角質に使われている保湿成分なのでオススメです。

化粧をするときによれる原因を作っている

洗顔が終わった後、お化粧をするときって化粧下地を塗ってからすぐにファンデーションを塗っていませんか?

これって実はファンデーションがよれる原因の1つなんです。化粧下地を塗った後は乾くまで少し待ってからファンデーションを塗りましょう。

この手間をするだけでもファンデーションの乗りが違います。

小鼻の所も塗りにくいし浮きやすいからと厚く塗ってしまうと、傍目から見ても厚化粧をしているように見えてしまいます。

細かい所は筆でファンデーションを乗せるのも1つの予防法です。

化粧選びもよれ防止に

化粧下地に使う前にBBクリームやCCクリームに使っている方は要注意です。

実はこの2つは油分が多いのでファンデーションがよれる原因になります。

リキッドタイプのファンデーションを使っている方はBBクリームやCCクリームを混ぜて使ったり、皮脂を吸うタイプの下地に混ぜて使うとよれ防止になります。

他にもオールインワンタイプのものを使うのも1つの手です。

日中によれたときの化粧直しの一工夫

日中、お化粧がよれ始めたときはまず皮脂を取りましょう。

このとき、オイリー肌タイプの方はあぶらとり紙を使ってもいいですが、何も着けていないスポンジを小鼻やテカっている肌に乗せると、余分な皮脂を取り除くことができます。

次にホホバオイルなどを使って保湿をしてから化粧を直しましょう。

もし、このときスプレータイプのものを使うのであればティッシュや手などを使って余分な水分を取りましょう。

小鼻の化粧直しには薄くファンデーションを伸ばすのではなく、小鼻にそっとおいて指で毛穴に入れる気持ちで、軽い力で叩き込むと綺麗に化粧直しをすることができます。

デスクワークなどで、肘をついて手に顔を乗せる人などは特にファンデーションがまだらになっていることが多いので気をつけましょう。

まとめ

小鼻の化粧直し1つでもきをつけることはたくさんあります。

細やかなことを気を付けることで化粧崩れを防ぐことはできます。

もちろんお化粧をしたあと、家に帰った後はしっかりと化粧を落として保湿をしっかりとしましょう。

化粧をしたままや化粧を落としきれないままに寝てしまうと、雑巾を顔に乗せて寝ているのも同然なので化粧落としは入念にした方がいいです。

これでお化粧がよれやすいお昼過ぎや夕方も怖くありませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪