気になる脇の毛穴のブツブツ、黒ずみの原因とお手入れ方法

脇のお手入れどうしていますか?

しっかりムダ毛を処理しても、そのあと毛穴のブツブツや黒ずみが気になって、「洋服から脇が見えてしまうのは恥ずかしい」「ノースリーブで腕を上げれない」なんて悩みはありませんか?

脇のムダ毛だけではなく、肌までキレイにつるつるにしたいですよね。

では、なぜ毛穴はブツブツして、黒ずみできてしまうのでしょうか?

今回は、そんな脇の毛穴のブツブツと黒ずみの原因、お手入れ方法について紹介していきます。

脇の毛穴のブツブツ・黒ずみの原因とは?

せっかくキレイにムダ毛処理をしたのに、脇がブツブツしたり、黒ずんでしまったり、なかなか脇をつるつるにするのは難しいですよね。

それではなぜ脇の毛穴がブツブツしてしまったり、黒ずみができてしまうのでしょうか?

脇の毛穴のブツブツや黒ずみの原因はいろいろありますが、大きくは脇のムダ毛の処理方法の問題があります。

適切な脇のムダ毛の処理をしないと、肌が黒ずんんでしまったり、毛穴がブツブツしたりなど、肌や毛穴にトラブルが起きてしまいます。

脇のムダ毛処理方法の問題

脇のムダ毛処理ですが、自己処理でやる方法と、エステサロンや美容皮膚科などの専門家にゆだねる方法があると思います。

もちろん、肌に負担が大きいムダ毛処理方法は、自己処理でやる方法です。

それでは、ムダ毛の自己処理には、ムダ毛を抜く方法と、剃る方法がありますが、どちらの方が肌への負担が大きいでしょうか?

基本的に肌への負担が大きいのは、ムダ毛を剃る方法よりも抜く方法です。

なぜなら、ムダ毛を抜くということは、肌の一部である毛母細胞を引きちぎることなのです。

皮膚の構造は大きく表皮と真皮の二層からなっていますが、さらにその下に皮下組織があります。

毛母細胞のある毛根は、この皮膚の下にある皮下組織に存在しているのです。

つまり、毛を抜くという日常的な行為は、皮膚をつくりあげる皮下組織自体を傷つける行為なのです。

毛を抜くことによって、毛穴の奥の皮下組織まで傷つき、出血が起こることもあります。

ムダ毛を剃って自己処理をする方法も、決して肌への負担が少ないわけではありません。

脇のムダ毛を剃る場合、基本的にT字型のカミソリを使用することが多いと思います。

T字のカミソリで、毛の流れに逆らって剃ると、深剃りできて、脇のムダ毛もしっかり除毛できます。

しかし、深剃りしようとすると、皮膚の表面の角質や、毛穴周り皮膚まで一緒に削り落としてしまい、肌や毛穴へのダメージが大きいのです。

カミソリ負けを起こしたり、埋没毛になったり、毛穴が化膿したりなど、さまざまな肌や毛穴のトラブルを引き起こします。

さらに、脇の肌が乾燥した状態でカミソリを使用すると、より皮膚の角質や毛穴を傷つきやすくなるので、気をつけましょう。

ムダ毛の自己処理による肌や毛穴トラブル


ムダ毛を抜いたり、剃ったりする自己処理は、肌や毛穴に大きな負担をかけ、さまざまなトラブルを起こします。

ムダ毛の自己処理によって起こりがちな、肌や毛穴のトラブルについて解説します。

カミソリ負け

ムダ毛の自己処理をカミソリで行った際に起こりがちな肌トラブルです。

カミソリ負けとは、カミソリで剃ることで、肌の角層が乱れてしまい、炎症を起こしている状態です。

カミソリで剃った部分が、赤くなって、かゆくなってしまったり、毛穴がボツボツと赤みを帯びて盛り上がったりします。

患部がかゆいからと、掻きむしってしまうと、その後、湿疹になって治りが遅くなってしまいます。

また、カミソリ負けを起こした部分は、傷ついた毛穴から細菌が入り、毛穴が化膿してしまったり、毛穴が閉じて埋没毛を引き起こしてしまったりします。

カミソリ負けを防ぐためには、まずは肌を清潔にした状態でカミソリを使用し、できる限り毛の流れに逆らわないように、皮膚を滑らせるようにして剃るのがポイントです。

カミソリで除毛する際は、泡立てた洗浄剤や、除毛用のジェルなどを使用し、肌の角層を傷つつけないようにしましょう。

また、カミソリ負けを起こしてしまって、脇に赤みやかゆみが起きたときは、市販の医薬部外品の殺菌・抗菌作用のある塗り薬を塗ったり、皮膚科で診療してもらうようにしましょう。

黒いボツボツ(埋没毛)

脇の脱毛後に、毛穴がボツボツと盛り上がって黒くなることがあります。

よく見ると、黒くなった毛穴の中で、毛が成長しています。

ムダ毛を剃ったり抜いたりした刺激によって、毛穴が閉じてしまい、閉じた毛穴の中で毛が成長してしまった埋没毛という状態です。

無理なムダ毛の自己処理によって、肌や毛穴がダメージを受けたことによって、引き起こされます。

埋没毛になってしまったときは、毛穴を覆っている角質を取る必要があります。

やさしく表面の角質を削ってあげるか、針などで角質の表面を少し傷つけて、中から毛を出してあげましょう。

強く摩擦を起こして削ってしまったり、深く傷つけると、炎症や化膿を引き起こし、その後シミや黒ずみの原因にもなってしまいます。

埋没毛の処理をした後は、処理した部分が敏感になっています。

必ず市販の医薬部外品の殺菌・抗菌作用のある塗り薬を塗布するなどして、炎症や化膿するのを防ぐようにしましょう。

赤いボツボツ(毛嚢炎)

ムダ毛の自己処理によって、カミソリ負けや埋没毛引き起こしたあとに、毛穴が赤くボツボツと盛り上がり、炎症を起こし化膿してしまった状態です。

毛穴の炎症によるかゆみや、化膿による痛みがあることもあります。

ムダ毛の自己処理だけでなく、エステサロンなどの光脱毛によっても、毛穴の中が炎症を起こして、毛嚢炎になることがあります。

赤いボツボツをつぶしてしまうと、さらに細菌が入って毛嚢炎が悪化してしまいます。

まずは、患部を清潔にして、市販の医薬部外品の殺菌・抗菌作用のある塗り薬を塗布しましょう。

広範囲に赤いブツブツができたり、痛みがある場合は、皮膚科で診療してもらいましょう。

抗菌薬や抗真菌薬、ステロイドなどを処方してもらう治療が必要となります。

炎症を長引かせてしまうと、毛嚢炎が悪化するだけでなく、患部が色素沈着してしまい、シミや黒ずみの原因にもなるので、早めに治療しましょう。

脇の肌の黒ずみ

脇の肌が、周りと比べて黒っぽくなってしまうことがあります。

この脇の肌の黒ずみが起こる原因は、普段の日常生活の習慣の中にあります。

腕を上げたり下ろしたりする動きによる肌の摩擦や、洋服の締め付けや、繊維のこすれや摩擦、脇の汗やにおいが気になるからとゴシゴシ洗うことの刺激や摩擦、脇のムダ毛処理による刺激などです。

肌に刺激や摩擦などのダメージを与えてしまうと、肌を守ろうとして、表皮の一番奥にある基底層のメラノサイトでメラニン色素がつくられます。

つくられたメラニン色素は、表皮に放出されますが、肌のターンオーバー機能(約28日で肌が生まれ変わるサイクルのこと)が正常なら、通常は肌の垢となって落とされていきます。

しかし、睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、栄養バランスの悪い食事などで、肌のターンオーバー機能が乱れてしまうと、ターンオーバーが長くなったり短くなったりしてしまい、メラニン色素をうまく外に排出できずに、肌に残してしまいます。

排出できずに肌の表面に残ってしまったメラニン色素が、肌の黒くずみになってしまうのです。

生理などによるホルモンバランスの乱れによっても、肌が色素沈着してしまい、黒ずみを引き起こしてしまうことがあります。

毛穴の目立ち、毛穴の黒ずみ

脇の毛穴が目立ったり、毛穴が黒ずむことがあります。

よく見ると、毛穴周りが茶色くなったり、黒くなっていることで、毛穴が目立ったり、黒ずみ毛穴になっています。

このような脇の毛穴の目立ちや、黒ずみ毛穴が起こる原因は、ムダ毛の自己処理による問題が大きいです。

まず、脇のムダ毛をカミソリで剃ることで、肌の表面の角層も一緒に剃り落されてしまい傷つきます。

毛抜きで脇のムダ毛を抜くことは、毛穴の奥の皮下組織まで傷つき、毛穴の奥で出血が起こる場合もあります。

このように、ムダ毛を剃ったり抜いたりする自己処理によってダメージを受けた毛穴は、毛穴の中で炎症を起こしてしまい、色素沈着を起こします。

この色素沈着は、肌の黒ずみやシミが起こるのとメカニズムと同じで、毛穴がダメージを受けた刺激によって、メラノサイトがメラニン色素をつくりだすのです。

このようにムダ毛の自己処理によるダメージで毛穴の中で色素沈着を起こすことが、毛穴が目立ったり、黒ずんでしまう原因で、メラニン毛穴といいます。

毛穴の詰まり、茶色いボツボツ

脇の毛穴が詰まって盛り上がったり、茶色くボツボツとしてしまう状態です。

脇の汗をかいてそのままにしたり、脇の洗浄不足によって、皮脂と古い角質が毛穴に詰まることが原因です。

毛穴の中の皮脂腺から分泌された皮脂と、古い角質が混ざり合って、毛穴の中で固まってしまったことによって、毛穴が詰まりボツボツしてしまいます。

さらに、毛穴の中で固まった皮脂と古い角質が酸化してしまうと、変色して茶色くなったり、黒くなることがあります。

まずは、汗をかいたら、こまめにキレイなタオルやウェットテッシュで拭くことを心がけ、入浴の際は、たっぷりの泡で脇もしっかり洗浄することが予防につながります。

また、乾燥によっても毛穴の詰まりが起こってしまうので、清潔にしたあとに、ボディローションなどで保湿することも有効です。

脇のお手入れについて


キレイな脇にしたいからといって、適切な脇のムダ毛処理を行わないと、さまざまな毛穴や肌トラブルを起こしてしまいます。

脇のムダ毛の処理は、どんな方法でしても、ある程度の肌への刺激やダメージがあります。

それは、ムダ毛の自己処理の場合も、エステサロンや美容皮膚科でムダ毛を脱毛をする場合も同じです。

そこで、まずはトラブルの起こりにくい脇のムダ毛の処理方法についてご紹介します。

トラブルの起こりにくい脇のムダ毛の自己処理について

脇のムダ毛の自己処理をする場合に、毛穴や肌トラブルを起こさないために気を付けることがあります。

まずは、ムダ毛の処理の前に、皮膚を清潔にして、脇を少し温めから行うようにしましょう。

ムダ毛を剃ったり抜いたりすることは、少なからず肌や毛穴を傷つけます。

肌が清潔な状態で行わないと、傷ついた部分に雑菌が入り、炎症やかゆみ、化膿などのトラブルが起きてしまいます。

また、脇を少し温めるのは、脇の皮膚や毛を柔らかくしたり、毛穴を緩ませたりするためです。

脇の皮膚を柔らかくすることで、剃るときに、角層が削りとられることを防いだり、毛が自体が剃りやすくなります。

また温めて毛穴を緩めることで、毛がスムーズに抜けるようになります。

したがって、シャワーや入浴をして、脇の汚れをよく落として、少し脇の皮膚が温まってから、ムダ毛処理を開始しましょう。

そして、ムダ毛処理が終わったら、脇を冷やして、保湿ケアを行いましょう。

入浴中なら、冷水シャワーを脇にあてるといいでしょう。

部屋でムダ毛処理を行っているなら、氷水や冷蔵庫で冷やした冷たいタオルをあてましょう。

除毛した部分をすぐに冷やすことによって、肌や毛穴を鎮静化し、炎症やかゆみなどが起きるのを防ぐことできます。

冷やした後は、ボディローションなどを塗って保湿しましょう。

ムダ毛処理後は、肌の角層が乱れているので、しっかり保湿ケアすることが大切です。

脇は汗をかいたりして常に湿っているので潤っているように感じますが、意外に肌の中が乾燥している状態(インナードライ)の人が多い部分でもあります。

ときは、できれば脇のムダ毛処理をしないようにしましょう。

生理中はホルモンバランスが大きく変化していて、肌が不安定です。

体調が悪いときは、身体の免疫機能が低下していて、肌も敏感に傾いています。

生理中や体調が悪いときは、通常よりも肌や毛穴のトラブルが起こりやすいので、できる限りムダ毛処理をするのは避けた方がいいでしょう。

エステサロンでの脇のムダ毛の脱毛について


エステサロンでの脇のムダ毛の脱毛は、自己処理をする場合よりは、肌や毛穴のトラブルが起こりにくいです。

それでは、エステサロンではどのような脱毛をするのでしょうか?

エステサロンの脱毛方法

エステサロンでの脱毛方法は、基本的に光脱毛という方法です。

使用する機械によって、施術時間や痛み、効果などに差がありますが、光脱毛の仕組みは同じです。

光脱毛は、可視光線という光をムダ毛にあてて脱毛します。

可視光線は黒いものに反応するので、ムダ毛とその毛根にまで作用します。

光が作用したムダ毛の毛根は弱ってしまい、1~2週間程度でムダ毛が抜け落ちます。

ただ、可視光線が作用する毛根は、おもに成長期のムダ毛のみで、退行期のムダ毛には効果がないため、1~2週間程度で抜け落ちる際に、光が作用しなかったムダ毛は残ります。

また、一度毛が抜け落ちても、時間が経つと、また同じ毛穴から毛が生えてきます。

なぜなら、一度の光脱脱毛では完全に毛根を破壊できないため、毛根で生きている細胞が、また毛を成長させるのです。

したがって、光脱毛は10~20回行う必要があるといわれています。

回を重ねるにつれて、毛根が弱まり、毛が細く目立たなくなっていきます。

エステサロンでの脱毛での注意点

エステサロンで脇を脱毛するから、完全に肌や毛穴トラブルが起きなくなるわけではありません。

エステサロンで光脱毛を行う前には、光が黒いものに反応してしまうので、事前に毛を剃る必要があります。

その際は、カミソリ負けを起こさないように、電気シェーバーで行うようにしましょう。

光脱毛は毛根に熱を与えて作用させるため、毛穴の中が炎症を起こしている状態で、毛嚢炎などの毛穴トラブルが起こりやすい状態です。

光脱毛施術後は、毛穴の中の炎症を悪化させないためにも、入浴やスポーツなどで身体を温めないようにしましょう。

肌も乾燥しやすい状態になっているので、ボディーローションでしっかり保湿ケアをすることも大切です。

せっかく光脱毛で脇をキレイに脱毛しても、施術後に肌や毛穴トラブルを起こしてしまうと、ムダ毛がなくなっても、色素沈着してシミや黒ずみができてしまいます。

光脱毛の施術後のセルフケアまでしっかり行いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪