年齢肌の原因とケア方法|最適な基礎化粧品とは?

歳を重ねるごとにお肌の悩みは変わってきます。

20歳のころは、おもな肌悩みがニキビやテカリ、もしくは乾燥だったりしたものが、30歳を過ぎると、小じわやシミ、そしてたるみなどが気になりだします。

「お肌の曲がり角」なんて言葉がありますが、これはまさに年齢肌に移り変わるタイミングのこと。

人によってお肌の曲がり角のタイミングは多少違いますが、シミや小じわ、たるみなど気になりだしたら、それがまさにお肌の曲がり角で、年齢肌に移り変わってきた証拠です。

年齢肌になってきても、今までと同じような基礎化粧品で、同じようなスキンケアをしていたら、年齢肌は年々深刻化して、急速に老け顔になってしまいます。

そんな老け顔のもとである年齢肌は、最適なケアをすることによって、年齢肌のトラブルを軽減して、若々しい肌を保つことができます。

そこで今回は、年齢肌になってしまう原因と、効果的なお手入れ方法についてご紹介していきます。

年齢肌をしっかりケアして、ハリやツヤのある肌を手に入れて、実年齢よりも若々しく見られるようになりましょう。

老け顔のもとになる年齢肌とは?

老け顔のもとになる年齢肌ですが、そもそも年齢肌とは、どんな肌状態をいうのでしょうか?

年齢肌に移り変わるタイミングとは、まさに〝お肌の曲がり角”のタイミングです。

お肌の曲がり角とは、エイジングが始まる年齢の28歳くらい(20代後半~30代前半)を指します。

人によって年齢は前後しますが、だいたいこの28歳くらいから、シミが目立ち始めたり、くすみや小じわが気になってきたり、肌のハリの衰えなどを感じ始めます。

ただ、このお肌の曲がり角は、まだエイジングが始まったばっかりのタイミングなので、そこまでシミや小じわ、肌のハリの衰えなど気にならない人も多いでしょう。

しかし、ここから3年~5年くらい経つと、シミや小じわ、肌のハリの衰えが顕著になり、いよいよ本格的にエイジングの悩みが始まってきます。

そして、ここから先は、年々そのエイジングの悩みが深刻化していきます。

つまり、28歳(20代後半から30代前半)から徐々に年齢肌へと移り変わり、30代中盤から後半には完全に年齢肌へとなっているのです。

年齢肌になると、シミがどんどん濃くなったり、増えたり、大きくなったりします。

また、目の周りやおでこの小じわ、ほうれい線が目立ってきます。

さらに、肌のハリの衰えから、顔のたるみが気になり出したりします。

このような、シミ、しわ、たるみの悩みが、年齢肌による3大肌悩みです。

そして、この年齢肌の3大肌悩みは、何も対策をしないと、年を重ねるごとに進行していき、どんどん老け顔になっていきます。

年齢肌になってしまう原因


年齢肌になってしまう原因は、おもに加齢によるものです。

加齢によって、肌のさまざまな機能の働きが弱まっている状態を年齢肌といいます。

それでは、どのような肌の機能が弱まって、年齢肌になってしまうのでしょうか?

この弱まってしまう肌の機能を理解することによって、年齢肌になってしまう仕組みがわかり、年齢肌を食い止めるために必要なことがわかってきます。

それでは、具体的に弱まってしまう肌の機能をご説明していきますね。

ターンオーバーサイクルが低下する

肌は、約28日で生まれ変わっています。

定期的に肌が生まれ変わり、入れ替わることによって、肌のすこやかさは保たれています。

この肌の生まれ変わりを〝ターンオーバーサイクル”といいます。

表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が生まれ、徐々に上へ上へと押し上げられていきます。

約28日くらいかけて、角層へと上がっていき、最後は垢となって剥がれ落ちます。

これが、ターンオーバーサイクルです。

このターンオーバーサイクルによって、新しい細胞が定期的に生まれているので、肌の表面が傷ついたり、乾燥したり、日焼けによるダメージを受けても、肌をすこやかな状態に戻すことができます。

しかし、このターンオーバーサイクルは、年齢を重ねるにつれて長くなってしまいます。

約28日だったターンオーバーサイクルは、40代に入ると10日以上長くなり、約40日になるといわれています。

つまり、年を重ねるごとにターンオーバーサイクルは長くなり、肌の生まれ変わりは緩やかに遅くなっていくのです。

傷の治りが遅くなったり、虫刺されや日焼け跡が残ったり、シミになったり、乾燥がなかなか治らなかったりするのは、ターンオーバーサイクルが長くなったためです。

ターンオーバーサイクルが長くなると、肌の表面の角層は厚くなり、肌の内部は薄くなってしまい、肌がくすんで、硬くなり、小じわができやすい状態になります。

また加齢だけでなく、ターンオーバーサイクルを乱れさせる要因として、睡眠不足や、過労やストレス、病気、栄養バランスの悪い食事など生活習慣の乱れも影響してきます。

ターンオーバーサイクルが乱れると、逆に約28日よりも早まることがあります。

ターンオーバーサイクルが早まり、約28日よりも短くなると、皮がむけてしまったりします。

ターンオーバーサイクルは約28日よりも長すぎても短すぎても、すこやかな肌を形成することはできません。

最適なターンオーバーサイクルの周期を保つことによって、美しくすこやかな肌がつくられます。

肌のバリア機能が弱まる

肌には〝バリア機能”があり、細菌やウィルス、外気の乾燥など、さまざまな外的刺激から肌を守り、皮膚に必要な水分を保つ働きをしています。

バリア機能は、わずか0.02mmの厚さしかない表皮の一番上にある角層という部分の働きによるものです。

角層の厚さは、0.02mmの薄い膜のようなものですが、約20層の細胞が積み重なっています。

この角層の層構造をラメラ構造といい、角層の主成分であるセラミドの分子が、角質細胞間で一定方向にすき間なく並んでいることをいいます。

こうした細胞をしっかりと密着させるセラミドのラメラ構造によって、ウィルスや細菌、不要な水や異物が皮膚の中に入るのを防いでくれています。

さらに、肌の内側の水分を角層内に蓄えておくことができ、乾燥した環境にいても、肌から水分が蒸発しないように、つなぎ止めることができるのです。

つまり、バリア機能には、外的刺激から肌を守る働きと、肌が乾燥しないように、肌の内部で水分をつなぎとめる働きの2つがあるのです。

そして、このバリア機能で重要な役割を果たしているのが、「セラミド」という成分です。

セラミドの働きにより、角層にある細胞同士がしっかりと密着しているだけでなく、セラミドは保湿物質としても大きな働きをしています。

セラミドが水分をしっかり挟み込み、さらに細胞と細胞をしっかり密着させているから、肌の水分は保たれているのです。

しかし、この肌のバリア機能に欠かせないセラミドは、加齢とともに減少してしまいます。

セラミドの場合、赤ちゃんのときをピークとして、歳を重ねるごとに徐々に減少していくのです。

さらに、30代からはセラミドの量が急激に減少してしまいます。

そして、50代になると、セラミドの量は20歳のときの半分になってしまうといわれています。

セラミドの減少によってバリア機能が弱まってしまうと、外からの刺激を受けやすくなり、肌荒れの原因にもなります。

そして、肌の内部の水分を保つことができなくなり、肌から水分が蒸発しやすく、肌乾燥が起こります

肌荒れや肌乾燥が起きると、肌自体はどんどん弱まり、さまざまな肌トラブルを誘発するだけでなく、肌の老化も急速に進行してしまいます。

ハリや弾力が衰えてくる

肌の表面にある表皮の下には、真皮があります。

真皮は、表皮を支えているクッションのような役割をしていて、いわば肌の土台のようなものです。

肌のハリや弾力を保っているのは、この肌の土台である真皮なのです。

真皮は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という3つの成分によっておもに構成されています。

真皮の約70%は、コラーゲンという繊維でできています。

そして、コラーゲン繊維を網の目状に、鎖のようにしっかりとつなぎとめているのが、エラスチンという成分です。

さらに、コラーゲン繊維とエラスチンできた網の目の間を埋めているのが、ヒアルロン酸という成分です。

つまり、真皮をおもに構成するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの成分によって、肌のハリや弾力を保っているのです。

しかし、この肌のハリや弾力を保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの成分は、20代後半から徐々に減少してしまいます。

お肌の曲がり角を過ぎると、徐々に肌のハリや弾力がなくなってくるように感じるのは、この3つの成分の減少によるものだったのです。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、30代からはどんどん減少していき、歳を重ねるごとに肌のハリや弾力は失われていきます。

肌のハリや弾力が低下すると、しわやたるみにつながり、本格的な老化が始まってきます。

また、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、加齢だけでなく、紫外線によるダメージや、過労やストレス、喫煙などによる活性酸素の影響によっても変性してしまうことがあります。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が変性してしまうことでも、肌のハリや弾力は低下し、しわやたるみが加速して、急激に老化につながっていきます。

年齢肌は、どんどん肌の機能が低下していく状態

年齢肌とは、28歳頃の(20代後半~30代前半)お肌の曲がり角を境に、肌の機能がどんどん低下していく肌状態のことをいいます。

年齢肌になってしまう原因は、ちょうどお肌の曲がり角である20代後半くらいから、肌の主要成分であるセラミドや、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が年々減少してしまう影響が大きいです。

表皮の主要成分であるセラミドの減少による肌のバリア機能の低下、真皮を構成する3大成分のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの減少によって肌のハリや弾力の衰えていまいます。

そして、年齢を重ねるごとに長くなるターンオーバーサイクルが、肌の老化を加速させてしまいます。

このような年齢肌は、年齢とともに減少してしまう肌の主要成分であるセラミド、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを、アンチエイジング化粧品などで補うことによって、予防したり、進行を穏やかにしたりすることができます。

肌機能の活力をアップさせることで、年齢肌の進行をおさえることは可能です。

年齢肌による肌トラブルとケア方法


年齢肌によって引き起こされる3大肌悩みは、シミ、しわ、たるみです。

そんな年齢肌の3大肌悩みのシミ、しわ、たるみのメカニズムとお手入れ方法を詳しくご説明していきます。

年齢肌のトラブル①:シミ

シミの種類と発生のメカニズム

シミにはさまざまな種類があり、よくできるシミとしては、老人性色素班、そばかす、肝斑、炎症性色素班などです。

一般的にシミといわれているものは、老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)というものです。

老人性色素班は、老人性とついていますが、30代以降にできやすいですが、若い人にもできます。

おもに、紫外線の影響によって引き起こされるシミが老人性色素班です。

そばかすは、遺伝の影響が大きく、紫外線を浴びることによって、増えたり、濃くなったりすることがあります。

肝斑は、頬の上の方に左右対称にでき、ホルモンバランスの影響が大きいです。

炎症性色素沈着は、日焼けややニキビ、吹き出物、かぶれなどによって、肌が炎症を起こし、そのあとに色素沈着してしまいシミになってしまいます。

このさまざまな種類のシミのうち、年齢肌の影響によって引き起こされやすいシミは、老人性色素班と炎症性色素沈着です。

年齢肌によって、通常約28日周期のターンオーバーサイクルが長くなると、老人性色素班と炎症性色素沈着によるシミができやすくなるのです。

シミは、タンパク質の一種であるメラニン色素からつくられることは有名です。

このメラニン色素は、シミを形成するので、排除した方がいいと思うかもしれませんが、メラニン色素には、紫外線を吸収して、紫外線による悪影響から肌を守るという重要な役割もあるのです。

表皮の一番下にある基底層にあるメラノサイトで、メラニン色素は作られます。

強い紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴び続けたりすると、メラノサイトの数が増えてしまい、メラニン色素が大量につくられてしまいます。

この大量につくられたメラニン色素が肌に残ることで、肌が日焼けして黒くなるのです。

肌が日焼けして黒くなってしまっても、ターンオーバーサイクルが正常なら、メラニン色素は垢となって排出されていくので、日焼けによって肌が黒くなってしまっても、時間が経つと元に戻るのです。

しかし、年齢肌によってターンオーバーサイクルが長くなってしまうと、新陳代謝が停滞して、メラニン色素が排出されずに、表皮に留まってしまいます。

排出しきれずに、表皮に残ってしまったメラニン色素がシミとなってしまうのです。

日焼けによるシミだけでなく、肌の炎症による色素沈着も、ターンオーバーサイクルが長くなることによって引き起こされます。

このように年齢肌によって、ターンオーバーサイクルが長くなることで、老人性色素班と炎症性色素沈着によるシミは形成されやすくなります。

紫外線を浴びた量によって比例してできてしまう老人性色素班は、淡い茶色や黒色のシミです。

炎症性色素沈着は、虫刺されや、日焼け、ニキビ、吹き出物などによって起きた炎症による色素沈着によるシミのほか、間違ったスキンケアによって引き起こされるケースもあります。

クレンジングや洗顔による摩擦や刺激、強すぎるフェイスマッサージや、顔の産毛剃りによりカミソリ負けなどによっても、炎症性色素沈着によるシミができてしまいます。

年齢肌によるシミのケア方法

老人性色素班も、炎症性色素沈着も、基本的にケア方法は同じです。

ビタミン剤などのサプリメントの服用や、美白成分の入った基礎化粧品を使用して、継続的にスキンケアすることで、シミが徐々に薄くなっていきます。

シミのケアでもっとも重要なことは、シミのできはじめにケアを開始することです。

シミがしっかりできて深刻化してしまうと、サプリメントの服用や、基礎化粧品によるスキンケアだけでは効果が期待できません。

深刻化してしまったシミには、美容皮膚科によるレーザー治療などを行わないと、効果が出ないでしょう。

美容皮膚科によるシミのレーザー治療も、1回ではなかなか効果が出にくく、複数回レーザーをあてる必要があります。

また、レーザー治療にはダウンタイムといって、肌がレーザーによるダメージを受けてから回復するのに時間がかかり、その間は、徹底的に日焼けを防ぎ、肌の状態によってはメイクができなかったりします。
また、シミの部分にかさぶたができます。(これが自然と剥がれ落ちることで、徐々にシミが薄くなっていきます。)

年齢肌のトラブル②:シワ

シワの種類と発生のメカニズム

シワとは、皮膚の表面にある皮溝(ひこう)という、縦、横、斜めにある細かい溝が目立つようになったものです。

シワには大きく、乾燥じわ、表情じわ、真皮じわの3つの種類があります。

乾燥ジワは、角質層が乾燥することによって、シワができています。

目の下や額などに、細かくできる小じわが、いわゆる乾燥ジワです。

表情ジワは、笑ったり、起こったり、驚いたりすることで、顔の筋肉が動いたり、疲れによる筋肉の衰えることできるシワです。

目を見開くときに寄ってしまう額のシワや、笑ったときにできる目尻のシワ、眉間にできるシワなどが、表情ジワです。

真皮のシワは、真皮のハリや弾力が低下することで、深くシワができることです。

額や、上まぶたのくぼみ、口元などにできます。

この真皮のシワが、まさに年齢肌の影響によってできてしまうシワです。

真皮のシワは、加齢や紫外線などのダメージによって、真皮を構成する3大成分のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少したり、変性することによって、肌のハリや弾力が失われてシワができてしまいます。

はじめは細かいシワですが、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は歳を重ねるごとに年々減少していくので、どんどんシワは深く刻まれていきます。

年齢肌によるシワのケア方法

年齢肌によってできてしまう真皮のシワは、深く刻まれてしまうと、いくらケアをしても消すことはなかなか難しいので、少しでも気になったら、できるだけ早くケアを開始することが肝心です。

また、表情ジワや、乾燥ジワも、何もケアをしないでいると、そのまま真皮のシワへと変化していきます。

まずは、シワが気になったら、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが配合された基礎化粧品で、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

真皮のシワは、肌のハリや弾力が失われていくことで、どんどん深く刻まれ深刻化していくので、まずは肌のハリと弾力を取り戻すためのエイジングケアが効果的なのです。

そのために必要なのが、真皮を構成する成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンです。

コラーゲンは、食品からも摂取することができますが、食品から摂取しても、直接、肌のコラーゲンになることはありません。

したがって、コラーゲンのサプリメントの服用や、コラーゲンドリンクを飲んでも、肌のハリや弾力を取り戻すためには、そこまで効果は期待できません。

それよりは、基礎化粧品によってコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを肌に補う方法が効果的です。

できれば基礎化粧品の中でも、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を真皮の中で生成する〝繊維芽細胞”自体を活性化する成分を配合したものがいいでしょう。

繊維芽細胞自体を活性化することで、肌の機能自体を若返らせることができ、まさに肌のハリと弾力を取り戻すのに、最も効果が期待できる方法です。

なぜなら、繊維芽細胞の活性化によって、自ら真皮に必要な3つの成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)を生成できるようになるからです。

年齢肌のトラブル③:たるみ

たるみの発生のメカニズム

たるみの発生のメカニズムは、シワが深く刻み込まれるのと同じように、肌のハリや弾力の衰えによって引き起こされます。

おもに、加齢によって、真皮を構成する3大成分のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の減少によるものです。

そのほかにも、加齢による顔の筋肉の衰え(表情筋の衰え)や、紫外線、睡眠不足、喫煙、過労、ストレスによるダメージでのコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の変性、間違ったスキンケアによる刺激や摩擦なども、たるみの原因になります。

年齢肌によるたるみのケア方法

たるみも深刻化する前にケアすることが重要です。

まずは、徹底的に日焼け予防をすることが大切です。

日焼けによる紫外線ダメージは、真皮を構成する3大成分のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を変性させてしまいます。

また、年齢肌はこれらのコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成することが難しくなっているので、まずはこれらの成分を変性させないことが重要です。

そして、加齢や疲れなどで衰えてしまう表情筋を鍛えることも効果的です。

顔ヨガなど、表情筋を鍛えるエクササイズがありますが、そのような顔のエクササイズを実践して、表情筋の衰えを食い止めましょう。

シワと同じように、基礎化粧品によってコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成する成分(繊維芽細胞を活性化する成分)を肌に補うことも効果的です。

真皮に必要な3つの成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)を自ら生成できるようになることで、たるみができてしまうのを防いだり、たるみを深刻化するのを食い止めることができます。

年齢肌のための基礎化粧品の選び方

年齢肌を深刻化させる要因は、20代後半から肌の主要成分であるセラミドや、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が年々減少してしまうことです。

まず、表皮の主要成分であるセラミドの減少による肌のバリア機能の低下させます。

そして、真皮を構成する3大成分のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの減少によって、肌のハリや弾力の衰えていまいます。

さらに、年齢を重ねるごとに長くなるターンオーバーサイクルが、肌の老化を加速させてしまいます。

それによって引き起こされるのが、年齢肌による3大肌悩みのシミ・シワ・たるみです。

年齢肌による3大肌悩みのシミ・シワ・たるみのエイジングケアには、基礎化粧品による継続的なお手入れが大切です。

まず、年齢肌に必要なことは、20代後半から減少していく肌の主要成分であるセラミドや、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を基礎化粧品によって補うことです。

それでは、どんな基礎化粧品を選ぶことが効果的なのでしょうか?

セラミドに関しては、配合された基礎化粧品を使用して、肌に直接補うことで効果が期待できます。

しかし、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸に関しては、それらを直接肌に補うことより、生成する成分が配合された基礎化粧品を選ぶことが重要です。

つまり、真皮の中でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3つの生成する〝繊維芽細胞”自体を活性化する成分が配合された基礎化粧品です。

繊維芽細胞自体を活性化する成分が配合された基礎化粧品を使用してスキンケアを行うことで、肌の機能が回復して、自ら真皮に必要な3つの成分のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成できるようになります。

つまり、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を直接肌に補うことより、それらを生成する繊維芽細胞を活性化する成分が配合された基礎化粧品を選ぶことが必要なのです。

なぜなら、繊維芽細胞の活性化によって、肌が自ら真皮に必要な3つの成分(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)を生成できるようになるからです。

年齢肌にオススメの基礎化粧品3選

年齢肌の基礎化粧品に必要なことは、20代後半から減少していくセラミドを直接補ったり、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成する成分が配合されていることです。

そのような成分が配合された基礎化粧品でスキンケアを行うことで、肌のバリア機能を強化し、ハリや弾力アップして、年齢肌の3大肌悩みのシミ・しわ・たるみから解放されていきます。

そんな年齢肌のために、肌細胞から元気にしてくれる基礎化粧品を3つ厳選しました。

セラミド配合してバリア機能強化する敏感肌対応のエイジング化粧品「アヤナス」

通常のセラミドを1/20のサイズにして、4倍の浸透力で肌の奥まで潤いを届けてバリア機能を強化します。

さらに、CVアルギネート配合でコラーゲンを生成して、肌のハリと弾力を取り戻します。

肌の細胞からうるおいを与える理想的な保湿ケアができる「オルビスユー」

肌細胞のうるおい環境活性させ、肌全層に水の通り道をつくり、肌細胞の脱水症状を解消します。

細胞レベルで保湿ケアすることで、肌の内側からうるおいに満たされます。

肌が自らうるおいをつくり出す理想的な保湿ケアができます。

世界初の高濃度ラクトフェリン配合で肌の内側から潤いハリ・弾力肌をつくる「ラクトフェリンラボ」

ラクトフェリンは、もともと人が持つ免疫成分で、活力の衰えた肌細胞を活性化させる美肌効果を立証されています。

さらに、ビタミンCの2倍の美白力を持ち、肌に塗ることでシワを改善することも学会で発表されています。

そんなラクトフェリンを高濃度で配合した唯一の基礎化粧品です。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪