脱毛後の毛穴はどうなる?脱毛後にきれいな毛穴にする方法

腕や足、脇などムダ毛があるときれいに見えませんよね。

そんなムダ毛の脱毛どうしていますか?

ムダ毛の自己処理をした後に、ブツブツしたり、毛穴の目立ちが気になることありませんか?

せっかくきれいに脱毛できても、肌トラブルが起きてしまっては、台無しですよね。

それでは、エステの脱毛や、医療のレーザー脱毛すると、毛穴がなくなるって本当なのでしょうか?

脱毛後に毛穴や肌トラブルは起きないのでしょうか?

そんな気になる脱毛について、毛穴や肌トラブル、脱毛方法、脱毛後のケア方法など、ご紹介していきます。

ムダ毛の処理方法と毛穴・肌トラブルについて

ムダ毛処理には、自己処理で行う方法と、エステサロンでの脱毛や美容クリニックの医療脱毛など専門機関で行う方法があります。

また自己処理の場合にも、剃るのか抜くのか?何を使用するのか?など、選択肢はさまざまです。

そんなムダ毛の処理方法について、それぞれの方法とメカニズム、起こりがちな毛穴・肌トラブルについて解説していきます。

ムダ毛の自己処理

自宅で手軽にできるムダ毛の自己処理は、カミソリや毛抜き、ワックスや家庭用脱毛器など、さまざまなアイテムを使用することができますが、脱毛方法自体は、大きく剃る方法と抜く方法の2つになります。

それでは、この剃る方法と抜く方法のメリットとリスクについて解説します。

剃る方法


ムダ毛を剃るアイテムには、カミソリや電気シェーバーなどがあります。

まず、カミソリで剃る方法は、入浴時に手軽に行えるので、誰でも一度は行ったことがあると思います。

カミソリで剃る方法で一番起こりがちな毛穴・肌トラブルは、カミソリ負けです。

カミソリで剃る場合、毛の流れに逆らって剃ると、深剃りできて、よりムダ毛も目立たなくなります。

しかし、毛の流れに逆らって剃ることで、毛と一緒に、毛穴周りの皮膚も持ち上げられ、毛とともに皮膚の表面の角層も剃り落してしまうのです。

カミソリで剃ったあとに、皮膚がザラザラしたり、乾燥してしまうのは、このように皮膚の表面の角層を剃り落して、傷つけてしまったことが原因です。

カミソリによって傷つけられた角層は炎症を起こしやすために、赤くなったり、かゆみを引き起こしたり、湿疹が出たりします。

この赤みやかゆみ、湿疹がカミソリ負けです。

カミソリ負けは、よく起こる肌トラブルで、少しの赤みやかゆみだけの場合は油断しがちですが、場合によっては症状が悪化してしまうので、注意が必要です。

傷ついた毛穴周りから細菌が入ると、毛穴の中が化膿してしまい、毛嚢炎になってしまいます。

傷ついた毛穴が閉じてしまうと、毛穴の中で毛が成長してしまう埋没毛になります。

カミソリ負が起きて、赤みやかゆみがあるときは、そのままにせずに患部の炎症を鎮めることが重要です。

ドラッグストアなどで販売している医薬部外品の殺菌、抗炎症作用のある軟膏を塗ると、毛穴が化膿するのを避けられます。

また、埋没毛になってしまったときは、埋没毛の上の角層を軽く削って、毛穴の中から毛を引き出すといいでしょう。

ただ、このときも毛穴が化膿しやすくなっているので、毛を引き出したあとは、殺菌、抗炎症作用のある軟膏を塗って、毛嚢炎を予防しましょう。

カミソリを使用するときは、できる限り毛の流れに沿って使用することで、多少ですが肌への負担が軽減できます。

また、カミソリを使用する部分の肌を温めてから行うと、毛や角層が温められて柔らかくなり、スムーズに剃毛できます。

シェービングジェルを使用するのも、肌への負担が減るのでいいでしょう。

同じ剃る方法でも、カミソリより電気シェーバーの方が、一般的に肌への負担は少ないです。

エステ脱毛や、医療レーザー脱毛でも、施術前にムダ毛を剃毛する必要があり、その際に使用するのは、肌への負担が少ない電気シェーバーです。

ただ電気シェーバーでも、金属部分を肌に押し当てムダ毛カットするので、あまり強く肌に押し付けてしまうと、ムダ毛と一緒に角層もカットされてしまい、肌や毛穴を傷つけます。

したがって、適度な圧力で肌に押し当てて、使用するように注意が必要です。

抜く方法


毛抜きでムダ毛を抜くことも、誰もが経験したことのある、ムダ毛処理方法の一つだと思います。

実は、毛抜きでムダ毛を抜く方法が、一番ダメージが大きく、毛穴や肌トラブルが起こりやすいのです。

なぜなら、毛を抜くということは、毛穴の中にある細胞をひきちぎって、抜き取っているということなのです。

毛をつくる細胞は、毛母細胞といい、皮膚の下にある皮下組織にあります。

そして、毛のもとになる毛乳頭は、この毛母細胞の中にあります。

ムダ毛を何度抜いても、再び生えてくるのは、生えている毛の表面だけを毛母細胞からひきちぎって抜いているだけなのです。

だから、毛を抜いても、残っている毛母細胞と毛乳頭で、再び毛を成長させるのです。

ムダ毛を抜くのは、毛抜きだけでなく、ワックスやシート、家庭用脱毛器など色々なアイテムありますが、基本的にどのアイテムを使用しても、毛を抜くことでの、毛や肌へのダメージには変わりはありません。

毛を抜く行為自体が、毛穴の最下層にある、皮膚の下の皮下組織まで傷つけることなのです。

毛穴の中が炎症を起こし、化膿して毛嚢炎になってしまったり、炎症が色素沈着し、シミや黒ずみになってしまうこともあります。

ムダ毛を抜く方法は、自己処理の中では一見持続力が高く、気になる毛を細かく処理できるメリットはありますが、毛穴や肌への負担が大きいので、できる限り避けた方がいいでしょう。

エステ光脱毛と医療レーザー脱毛


エステサロンで行う脱毛と、美容皮膚科で行う脱毛は、基本的にメカニズムは同じですが、使用する機器と、施術場所に違いがあります。

メカニズム

一般的に、エステサロンの脱毛は、光脱毛といい、美容皮膚科の脱毛は、医療レーザー脱毛といいます。

エステサロンの光脱毛も、美容皮膚科の医療レーザー脱毛も、どちらも毛のもとになる毛母細胞と毛乳頭に、光やレーザーによる熱ダメージを与えて脱毛します。

脱毛のメカニズムは同じですが、毛母細胞と毛乳頭に照射する出力に違いがあり、医療レーザー脱毛の方が、エステ光脱毛より強い出力で照射します。

ただ、医療レーザー脱毛は、照射出力が強い分、光脱毛よりも施術時の痛みが強いのが特徴です。

脱毛効果と費用

エステ光脱毛と医療レーザー脱毛のどちらも、一回では脱毛は完了しません。

光やレーザーを何度も照射して、脱毛の施術を繰り返さなければなりません。

一度の脱毛効果は、毛母細胞と毛乳頭を破壊することができる医療レーザー脱毛の方が、エステ光サロンより効果が高いといわれています。

そのため、施術回数はエステ光脱毛の方が多く、医療レーザー脱毛の方が少ない回数で脱毛が完了します。

施術一回あたりの費用は、施術機関によりますが、一般的にはエステ光脱毛より、医療レーザー脱毛の方が高くなります。

ただ、脱毛効果や施術回数など、脱毛完了までの総額を試算した場合には、一概にエステ光脱毛より医療レーザー脱毛の費用の方が高いともいいきれません。

毛穴・肌トラブルのリスク

レーザー脱毛は、照射出力が高く、皮下組織の細胞を破壊するので、光脱毛と比べて、毛穴や肌トラブルが起きるリスクは高いです。

しかし、細胞を破壊するレーザー自体が、医療機関でしか扱ないため、必然的に施術も医師や看護師のいる環境で行われます。

また、レーザー脱毛の施術前には医師の診療が行われ、肌の状態をみてから、施術を受けることができます。

さらに、万一肌トラブルが起きてしまった際も、すぐに処置してもらえるので、その点はある程度安心して施術を受けられます。

脱毛後の毛穴はどうなるのか?

脱毛後の毛穴の状態は、脱毛方法によって異なります。

毛抜きなどでムダ毛を抜く方法は、脱毛直後はきれいでも、皮下組織の毛母細胞自体が傷ついているので、その後、毛穴が炎症を起こしす場合があります。

毛穴が炎症を起こすと、埋没毛や毛嚢炎になりやすくなります。

カミソリなどで毛を剃る場合は、毛と一緒に肌の表面を剃り落してしまうので、毛穴周りの角層が乱れて、毛穴が閉じて詰まりやすく、毛穴詰まって埋没毛になってしまったり、色素沈着による毛穴の黒ずみ(メラニン毛穴)が起こりやすいです。

エステ光脱毛や医療レーザー脱毛の場合も、毛母細胞と毛乳頭に熱ダメージを与えるので、施術予後が悪いと、肌に赤みやかゆみなどの炎症が起きてしまったり、毛穴自体がポツポツしてしまうことがあります。

また、エステ光脱毛も医療レーザー脱毛のどちらも、脱毛後に毛穴がなくなることはありません。

なぜなら、エステ光脱毛と医療レーザー脱毛のどちらも、毛穴の中から毛を生えてこないようにはしますが、毛自体をなくすわけではありません。

毛穴の数は生まれた時から遺伝できまっていて、この毛穴の数自体を減らすことは難しいのです。

しかし、光脱毛や医療レーザー脱毛によって脱毛を完了すると、毛穴から毛が生えてこなくなるので、毛穴自体が閉じて目立たなくなってきます。

このように、毛穴が目立たなくなるので、毛穴自体がなくなったように感じてしまうだけで、毛穴が本当になくなることはありません。

脱毛を行う際の注意点

肌をきれいに見せるためにムダ毛の処理を行いますが、どんな方法をとっても、ある程度は毛穴や肌へ刺激やダメージがあるので注意が必要です。

自己処理の場合

まずは、自己処理でのムダ毛の処理の注意点です。

ムダ毛の自己処理をする場合には、抜く場合でも、剃る場合でも、必ず皮膚を清潔にして、少し温めから行うようにしましょう。

皮膚を清潔にした状態で行うことで、処理で傷つく毛穴や皮膚に、細菌が入りにくくなります。

また、温めることで、毛や皮膚が柔らかくなり、毛を剃ったり抜いたりしやすく、毛穴や皮膚の角層が傷つくことも軽減できます。

エステ光脱毛や医療レーザー脱毛の場合


エステ光脱毛や医療レーザー脱毛の場合も、完全に毛穴や肌トラブルが起きないわけではありません。

エステ光脱毛や医療レーザー脱毛を行う前には、施術前に毛を剃る必要があります。

エステサロンや美容皮膚科で剃ってもらえる場合は、そこまで心配はいりませんが、事前に自己処理をしなければいけない場合には、カミソリ負けなどの肌トラブルを起こさないように注意が必要です。

エステ光脱毛や医療レーザー脱毛に毛を剃る場合は、肌への負担を軽減するために、カミソリではなく、必ず電気シェーバーを使用しましょう。

また、エステ光脱毛や医療レーザー脱毛の場合は、深剃りする必要はなく、多少毛の先が残っていても大丈夫なので、何よりも肌を傷つけないことを優先して、電気シェーバーの肌への圧力を調節して、やさしく剃るようにしましょう。

脱毛後の正しいケア方法

どんな方法でムダ毛処理をしても、毛穴や肌はダメージを受けているので、必ず皮膚を清潔にして、しっかりとボディーローションで保湿ケアをすることが大切です。

また、エステ光脱毛や医療レーザー脱毛の場合は、皮下組織の細胞に熱ダメージを与えているため、毛穴の中が炎症を起こし、毛嚢炎などの毛穴トラブルが起こりやすい状態です。

施術後当日は、とくに毛穴の中の炎症を悪化させないために注意が必要で、入浴はせずシャワーのみにしたり、スポーツや飲酒を避けて、できる限り身体を温め過ぎないようにしましょう。

光やレーザーを照射して、肌も乾燥しやすい状態になっています。

ボディーローションでしっかり保湿ケアをすることも大切です。

せっかくムダ毛をきれいに脱毛しても、処理後に毛穴や肌にトラブルを起こしてしまっては台無しです。

ムダ毛処理後のお手入れをしっかりして、きれいな毛穴と肌を維持しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪