目立つしみができる原因とおすすめの化粧品

突然、目立つしみができてしまい悩んでいませんか?

しみは気になりだすと、どんどん増えていくような気がします。

しみが顔にひとつあるだけでも老けて見えてしまうので、なんとかしたいですよね。

そんな気になる目立つしみは、しみの種類や原因をしっかり把握することで、効果的にケアできるんです!

そこで、突然目立つしみのできる原因と、しみのケアにおすすめの化粧品をご紹介します。

突然、シミが出来きる原因とは?

突然出来て目立つシミ。

顔にシミが出来て目立つと、急に老けた印象になってしまいます。

そんな気になるシミができる原因とは何でしょうか?

シミができるメカニズム

シミができる原因はいくつもありますが、もっとも大きな原因は紫外線です。

紫外線を浴びすぎてしまうと、メラニンが大量に生成され、排出が間に合わずに、肌に蓄積してしまった結果がシミになります。

メラニンは紫外線を吸収する作用があり、肌を保護する大切な役割がありますが、紫外線を浴びすぎてしまうと、メラニンをつくるメラノサイトという色素細胞が傷ついて壊れたり、数が増えすぎてしまい、メラニンを大量生成するというエラーを起こしてしまいます。

さらに、加齢やストレス、肌への過度な刺激などによって、ターンオーバーサイクルが乱れると、新陳代謝が停滞して、肌の外へのメラニンの排出が追い付かずに蓄積して、色素沈着を起こしてシミになってしまうのです。

シミのもとを排出するターンオーバーサイクル

通常、健康な肌は約28日間で定期的に入れ替わっていて、これをターンオーバーサイクルといいます。

肌の一番下にある基底層という部分で、新しい細胞が生まれて、約28日かけて肌の表面まで上がってきて、最後は垢となって剥がれ落ちていきます。

メラニンを生成するメラノサイトも肌の一番下にある基底層にあり、紫外線などによって刺激されると、シミのもととなるメラニンを放出しますが、ターンオーバーサイクルが正常に働いていれば、肌の表面まで上がっていき、垢と一緒にメラニンも排出されます。

しかし、年齢を重ねると、このターンオーバーサイクルが長くなります。

40代になると、約28日だったターンオーバーサイクルは40日になってしまいます。

ターンオーバーサイクルが長くなってしまうと、生成されたメラニンの排出が追い付かずに、肌に蓄積され、シミができる原因となってしまうのです。

ターンオーバーサイクルは、加齢だけでなく、不規則な生活習慣やストレス、肌刺激などによっても乱れて長くなってしまいます。

突然シミが出来て目立つ原因は、この長くなったターンオーバーサイクルによってメラニンが排出されずに、蓄積してしまったことでできるのです。

シミをつくらないようにするためには、約28日のターンオーバーサイクルを正常に保つことが大切です。

シミの種類とケア方法

シミとは肌にできる茶色っぽい斑点の総称で、シミの種類はさざまです。

シミのケア方法といえば、美白化粧品を連想すると思いますが、シミの種類によっては美白化粧品が効かないものもあります。

シミの種類を見極めて、適切な化粧品を選んでケアをすることが重要です。

そこで、シミの種類とそれぞれの適切なケア方法についてご紹介します。

老人性色素班(日光性黒子)

頬の高いところにできやすいシミ。

◆シミの特徴(形状・色・大きさなど)
直径数ミリから数十ミリ程度で、さまざまな大きさの丸い色素班。

色は薄い茶色から、だんだんと濃くなり、黒くハッキリとしてきます。

◆原因

紫外線の影響や、加齢による肌老化でメラニンが蓄積してしまうことが原因です。

突然出来てしまう目立つシミの原因の多くがこの種類になります。

◆ケアの方法

まずは日焼け止めや、UVケア商品などを使用して、紫外線対策をすることが重要です。

紫外線を浴びれば浴びるほど、シミが濃くなったり、増えたりして目立つ原因になります。

まだ色の薄い初期のシミであれば、美白化粧品でのケアが効果的です。

しかし、シミが濃くなり定着してしまうと、美白化粧品のケアだけで消すのは難しく、レーザー治療が必要になります。

雀卵斑(そばかす)

頬や鼻を中心に散らばるようにできるシミ。

◆シミの特徴(形状・色・大きさなど)
直径2~3ミリ程度の小さな点状に広がるシミで、形は丸ではなく三角や四角だったりします。

色は薄い茶色のものが多いです。

◆原因
雀卵斑(そばかす)は遺伝的要因が大きいシミです。

したがって幼児期から思春期にかけてでき始めて、目立つ傾向があります。

遺伝的要因が大きいシミですが、紫外線の影響によって濃くなって目立つようにもなります。

◆ケアの方法
老人性色素班と同じように、日焼け止めや、UVケア商品などを使用して、紫外線対策をすることが重要です。

紫外線を浴びることで悪化しまうので注意しましょう。

遺伝的要素が大きいために、美白化粧品でケアしても効果が出にくい傾向があります。

レーザー治療でシミが消えることもありますが、遺伝的要因のために再発することもあります。

炎症後色素沈着

にきびや吹き出物のあとや虫刺され、傷跡が残ったシミ。

◆シミの特徴(形状・色・大きさなど)
ニキビや吹き出物の跡や、虫刺されが原因のため、色は赤から茶色などでさまざまで、大きさも原因となるものによって違います。

◆原因
ニキビや吹き出物、虫刺されや傷などが治ったときにできてしまうシミで、炎症による色素沈着が原因です。

◆ケアの方法
美白化粧品によるケアが効果的です。

シミの部分を刺激すると、メラニンが生成されて、シミが濃くなってしまうことがあるので、洗顔やスキンケア時には、なるべく刺激を与えないようにすることが大切です。

また、紫外線も刺激になるので、シミの部分の日焼け対策もしっかり行いましょう。

炎症後色素沈着のシミでは、レーザー治療はシミを悪化させる可能性があるため、基本的に厳禁です。

肝斑

頬骨のあたりに左右対称にできるシミ。

前額、頬、上唇、下あごあたりにもできることがあります。

◆シミの特徴(形状・色・大きさなど)
肝斑によるシミの場合は、基本的に左右対称にできるのが特徴です。

色は薄い茶色から、暗く濃い茶色までさまざまです。

◆原因

紫外線による影響や、女性ホルモンのバランスが崩れたときにシミができる傾向があります。

女性ホルモンの影響が強いので、妊娠中や、ピルを服用したときに、突然できる左右対象のシミは肝斑の可能性が高いです。

更年期にも肝斑が目立つ傾向があります。

◆ケアの方法
肝斑のシミは、女性ホルモンの影響が強いので、トラネキサム酸配合の内服薬の服用が効果が出やすいです。

また、美白化粧品を使用することで、肝斑のシミも薄くなることがあります。

紫外線や、洗顔やスキンケア時の刺激によっても、肝斑によるシミが濃くなったりする原因になるので、紫外線や肌刺激への対策をしっかり行うことも大切です。

自分の気になるシミがどの種類のシミなのかわかりましたか?

目立つシミの種類を見極めて、適切なケアをすることが大切です。

シミのケアにおすすめの化粧品とは?

雀卵斑(そばかす)以外のシミは、美白化粧品によるケアで効果が期待できます。

とくに老人性色素班(日光性黒子)、炎症性色素沈着のシミは、美白化粧品でのケアが効果的です。

そこで、どんな美白化粧品を選べば、より効果的にシミをケアできるのでしょうか?

効果的なシミのケアのための、美白化粧品の選び方

効果的にシミをケアするために、美白効果のある成分が配合された化粧品を選ぶことは大切です。

しかし、美白成分の中には肌刺激が強いものも多く、敏感肌の人はかゆみや炎症を起こして、かえって悪化させてしまうこともあります。

また日焼け直後や、生理中なども肌が弱って過敏になっているので注意しましょう。

たとえば、紫外線ダメージを加速させる美白成分としてハイドロキノンがあります。

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑える作用があるため、シミを消したり、シミ自体をできなくするのに効果的です。

しかし、ハイドロキノンは成分自体の作用が強すぎるために、メラニンが生成されないことで、紫外線ダメージを受けてしまう可能性があるのです。

メラニンはシミをつくる原因になりますが、肌を紫外線から守る役割もあるのです。

肌が紫外線ダメージを受けると、肌のハリや弾力が低下し、シワやたるみを引き起こします。

ハイドロキノンなどのメラニン生成を抑制させる成分が配合された美白化粧品を使用するときは、しっかりと紫外線対策をする必要があるのです。

つまり、美白化粧品を選ぶ際は、単純に記載されている美白効果だけではなく、成分の作用や安全性も考慮して選ぶことが大切です。

とくに美容液やクリームは成分の配合濃度が高いため、より美白効果が期待できますが、その分肌への刺激も高くなるので注意しましょう。

敏感肌の人でも使える美白化粧品

シミのケアに効果的な成分の中には、効果が高い分、肌刺激の強いものもあります。

敏感肌の人や、肌乾燥、生理中、日焼け後などで肌が弱っているときに使用すると、肌トラブルを引き起こすことがあります。

それでは敏感肌の人でも安心して使用できる低刺激の美白化粧品とはどんなものがあるのでしょうか?

シミをケアするのに重要なのは、約28日間の肌のターンオーバーサイクルを正常化させて、新陳代謝を促進し、効率的にメラニンを肌の外に排出させることです。

そこで、敏感肌の人が選びたい美白化粧品は、肌のターンオーバーサイクルを正常化させる成分が配合された化粧品です。

肌のターンオーバーサイクルを正常化させる利点は、メラニンの排出を促進し、シミを薄くするだけでなく、肌自体も活性化されるので、さまざまな肌トラブルも解消されていきます。

それでは、敏感肌の人でも使用できる、シミのケアにおすすめの化粧品をご紹介します。

肌のターンオーバーを正常化して、メラニンを排出し、シミを効果的にケアするだけでなく、肌のハリや弾力もアップさせます。

セラミド配合してバリア機能強化する|敏感肌対応のエイジング化粧品「アヤナス」

通常のセラミドを1/20のサイズにして、4倍の浸透力で肌の奥まで潤いを届けてバリア機能を強化。

肌が本来の健やかさを取り戻し、ターンオーバーが正常化し、過剰に生成されたメラニンを排出していきます。

さらに、CVアルギネート配合でコラーゲンを生成して、肌のハリと弾力を取り戻します。

 

肌の細胞からうるおいを与える|肌細胞自体を活性化する「オルビスユー」

肌細胞のうるおい環境活性させ、肌全層に水の通り道をつくり、肌細胞の脱水症状を解消します。

細胞レベルで保湿ケアすることで、肌細胞が活性化し、ターンオーバーが促進され、メラニンを排出していくことで、表皮の内側からうるおいに満ちて、透き通るような肌にしてくれます。

肌が自らうるおいをつくり出す理想的な保湿ケアができます。

 

ビタミンCの2倍の美白力|世界初の高濃度ラクトフェリン配合「ラクトフェリンラボ」

ラクトフェリンは、もともと人が持つ免疫成分なので、安心して使用できる成分です。

さらに、活力の衰えた肌細胞を活性化させる美肌効果を立証されています。

ビタミンCの2倍の美白力を持ち、肌に塗ることでシワを改善することも学会で発表されています。

そんなラクトフェリンを高濃度で配合した唯一の基礎化粧品です。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪