顔にシミができる原因と、シミを作らない紫外線対策の方法

顔にシミがいくつもあると、それだけで肌の綺麗さが損なわれて、老けた印象に見えますよね。

何もしないでいると、顔のシミは増える一方です。

顔のシミを一つでも多く作らせないために、紫外線によってなぜシミができる原因から、効果的な紫外線対策やケアの方法についてご紹介していきます。

紫外線によって顔にシミができる原因

紫外線を浴びると、顔にシミができてしまうのはどうしてでしょうか?

顔にシミができてしまう仕組みと原因、紫外線によってできるシミの種類について解説していきます。

顔にシミができる仕組み

顔にシミができてしまう最も大きな要因は、紫外線の影響です。

肌は、紫外線を浴びすぎることで、メラニンを大量に生成し、肌の外に排出しきれずに、肌の表面に蓄積してしまったメラニンが結果としてシミになります。

紫外線を浴び過ぎると、メラニンを生成するメラノサイトという細胞が増殖したり、損傷してエラーを起こします。

本来メラニンは紫外線から皮膚を保護する大切な役目がありますが、増殖し過ぎたり、損傷してエラーを起こしたメラノサイトは、必要以上にメラニンをつくり過ぎてしまうのです。

また、紫外線を浴びすぎるだけでなく、加齢によって新陳代謝が落ちたり、ストレスや睡眠不足、肌への過度な刺激などによって、肌のターンオーバーサイクルが低下することも、肌の外にメラニンを排出する力が弱まり、シミをつくる原因になってしまいます。

紫外線の影響とターンオーバーサイクルの低下が原因

シミをつくる最も大きな要因は紫外線ですが、ターンオーバーサイクルが正常であれば、生成され過ぎたメラニンを肌の外に排出していき、シミとして残ることはありません。

ターンオバーサイクルが正常であれば、約28日間で定期的に肌が入れ替わります。

ターンオーバーサイクルとは、まず初めに肌の最下層の基底層という部分で新しい細胞が生まれ、徐々に肌の表面まで上がって、最後は垢となって剥がれ落ちてゆく、約28日間の肌再生の周期のことをいいます。

メラノサイトも、新しい細胞が生まれるのと同じ肌の最下層の基底層に存在します。

メラノサイトが、紫外線の影響によって刺激されると、この基底層にメラニンを放出し、正常なターンオーバーサイクルであれば、メラニンは新しい細胞とともに肌の表面まで上がっていき、最後は垢と一緒に肌の外へと排出されていきます。

しかし、加齢や睡眠不足、ストレスなどの影響でターンオーバーサイクルが約28日より長くなってしまうと、生成されたメラニンが肌の外へと排出できずに、肌表面に蓄積され、シミになってしまうのです。

40代では、通常のターンオーバーサイクルより1.4倍以上も長くなり、約40日になるといわれています。

睡眠不足やストレスなど、生活習慣の乱れによっても同じようにターンオーバーサイクルが長くなります。

顔にシミを作らせないためには、まずは正常な約28日間のターンオーバーサイクルを維持することが重要になります。

紫外線の影響によるシミの特徴

シミは肌にできる褐色の斑点の総称のことです。

シミの種類はいくつかありますが、紫外線の影響や、加齢、ストレス、睡眠不足などによって、ターンオーバーサイクルが低下し、メラニンが蓄積することによってできるシミの種類は、「老人性色素班(日光性黒子)」といいます。

「老人性色素班(日光性黒子)」は、頬の高いところにできやすいシミで、大きさは直径数ミリから数十ミリで、色は薄い茶色から黒くハッキリとしたものまである丸い斑点状のものです。

紫外線を浴びれば浴びるほど増えたり濃くなる性質があるので、しっかり紫外線対策を行うことが有効です。

まだ、色素の薄い初期のシミであれば、美白化粧品でのケアでも消すことが可能です。

しかし、色素が濃くなってしまうと、美白化粧品だけで消すのは難しく、美容皮膚科でのレーザー治療などが必要になります。

また、その場合も一回の治療で消すのは難しく、通常4~6回程度はレーザー照射で費用も高額になってしまいます。

つまり、顔に濃いシミを作ってしまってから消すのは難しいので、既にあるシミは濃くしないようにして、新たにシミを作らないようにすることが大切です。

そのために最も効果的で費用対効果も高いシミ対策は、紫外線対策をすることなのです。

顔にシミを作らせない紫外線対策の方法


顔にシミを作らせないための紫外線対策の方法はいくつかあります。

まず、最も一般的で効果的な方法としては、日焼け止めの塗布です。

そして、日傘や帽子、サングラスなどの紫外線対策グッズも手軽で効果的な方法です。

しかし、日焼け止めや、日傘や帽子、サングラスなどの紫外線対策グッズも、適切なものを選ばないと紫外線対策になりません。

そこで、シミ予防の紫外線対策で効果的な、日焼け止めや紫外線グッズの選び方についてご紹介します。

日焼け止めの選び方

日焼け止めの表示で、「SPF」や「PA」の数値が高いものほど、紫外線対策になると思っていませんか?

「SPF」と「PA」の表示の意味を理解すれば、紫外線対策に適切な日焼け止めを選ぶことができます。

【日焼け止めを選ぶポイント】

■SPF(Sun Protection Factor)
SPFとは、肌に炎症を起こす紫外線B(UVB)を防ぐ効果指数のことです。

SPFの数値単位は、1あたり20分~25分です。

つまり、SPF30の日焼け止めを塗ったときは「20分×SPF30=600分(10時間)」となり、10時間紫外線B(UVB)を防ぐ効果があるということです。

だから、日常的に紫外線を予防するならSPF30もあれば十分ということです。

■PA(Protection grade of uv-A)
PAとは、肌を黒くさせ顔にシミをつくる紫外線B(UVB)を防ぐ効果指数のことです。

PA+~PA++++までの4段階ありますが、+が多いほど効果が高くなるので、これはできる限り+の多いものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めはSPFの高いものを選びがちですが、実はPAも重要なので、バランスの良いものを選んで紫外線対策をしましょう。

紫外線対策グッズの選び方:日傘編

初夏から紫外線対策グッズとして日傘を取り入れている方も多いでしょう。

最近は男性も紫外線対策グッズとして、日傘を使用していますよね。

そんな日傘ですが、効果的なものを選ぶためにいくつかポイントがあります。

【日傘を選ぶポイント】

・遮光率
遮光率とは、目に見える光(可視光線)をカットする割合をいいます。

パーセンテージ(%)が高いほど光を遮断してくれるので、炎天下でも日陰と同等の涼しさが得られます。

・遮熱(温度)
遮熱温度は、日傘をさすことで得られる体感温度のことです。

例えば「遮熱ー10℃」の表示なら、日傘をさすことで、体感温度がマイナス10度下がるということです。

遮熱温度の低いものを選ぶことで、体感温度が下がり、少しでも涼しく感じることができます。

・UVカット率
UVカット率は、紫外線をカットする割合のことです。

このパーセンテージ(%)が高いほど、紫外線を浴びないということになります。

最近ではUVカット率99%の日傘も多く出ているので少しでも高いものを選んで、紫外線対策をしたいですね。

・色
日傘の色は、「黒色」がもっとも紫外線対策になるといわれていますが、暑い夏に使うには重い印象もありますよね。

そこで、おすすめなのが「黄色」です。

紫外線は、字のごとく紫色の光なので、補色関係にある黄色によって打ち消すことができるそうです。

日傘だけでなく、ストールや手袋などの紫外線対策グッズの色を選ぶときは、黒色か黄色を選ぶようにしましょう。

・形状、重さ
長傘タイプ、2段、3段折り畳みなどありますが、毎日使うので軽くて使いやすいものを選びましょう。

・晴雨兼用
紫外線が強い春夏は突然の雨が多い季節でもあるので、晴雨兼用を選んだ方が便利です。

以上のポイントを踏まえて、デザインなど自分の気に入った日傘を選んで、できるだけ毎日日傘をさして紫外線対策をしましょう。

紫外線対策グッズの選び方:サングラス編

実は、肌が受ける紫外線の影響より、目が受ける影響の方が大きく、顔にシミをつくる原因になります。

つまり、いくら日焼け止めや日傘でしっかり紫外線対策をしても、目から紫外線が入ってしまうと、脳が紫外線ダメージを受けたと感知して、メラニンを生成させ、顔にもシミを作ってしまうのです。

また、紫外線対策用のサングラスやメガネを着用することは、帽子をかぶった時よりも4倍以上も紫外線をカットできるといわれています。

だから、紫外線対策グッズとしてサングラスは必須アイテムなのです。

そんな紫外線対策グッズとして重要なサングラスの選び方のポイントいついてです、

【サングラスの選ぶポイント】

・UVカット率
UVカット率は、紫外線をカットする割合のことなので、日傘同様にパーセンテージ(%)の高いものを選んで紫外線対策をしましょう。

・紫外線透過率
紫外線透過率は、紫外線を通す割合のことをいいます。

この数字が低ければ低いほど、レンズが紫外線を通さず、紫外線対策ができるということです。

例えば「紫外線透過率1.0%」なら、紫外線を1%しか通さないということです。

・色
サングラスの色は濃い色の方が紫外線対策になりそうですが、濃い色ほど瞳孔が開いて紫外線が入りやすいので、薄い色を選びましょう。

だから同じ紫外線対策用なら、色付きサングラスよりも、色のないメガネの方が、紫外線の影響を受けないのです。

サングラスを毎日かけるのが嫌な人は、紫外線対策用のメガネを着用すると、より効果的に紫外線対策ができますよ。

・UV400
紫外線対策用のサングラスには、この「UV400」という表示があります。

これは、波長400㎜の紫外線までカットできるという意味で、波長の長い紫外線A(UVA)も防いでくれます。

これより数値が低かったり、表示がないものは紫外線B(UVB)しか防げません。

顔にシミをつくるのは紫外線A(UVA)の方なので、必ず紫外線対策用には「UV400」を選びましょう。

・寿命
サングラスのUVカットの寿命は5年程度といわれています。

寿命を過ぎたサングラスは、紫外線対策にならないので、5年を目安に買い替えるようにしましょう。

以上のポイントを踏まえて、自分の気に入ったサングラスを選んで、できるだけ毎日着用して紫外線対策をしましょう。

顔にシミを作らせない食べ物

顔にシミを作らないためには、身体の中からのケアも大切です。

美白効果のある食べ物や、新陳代謝を上げてシミを排出する食べ物をとることで、顔にシミができるのを防いだり、できてしまったシミも薄くすることができます。

美白する食べ物

顔にシミを予防するなら、ビタミンCの含有量が多い食べ物をとることが有効です。

ビタミンCには、メラニンの沈着を抑えたり、出来てしまったシミを薄くする作用もあり、「美白ビタミン」とも呼ばれるほど紫外線対策として効果的です。

ただ、ビタミンCは体内に貯めておくことができない栄養素なので、一気にとろうとせずに、含有量の多い食べ物をこまめに食べるようにしましょう。

毎日積極的に補給したい栄養素ですが、食べ物からとるのが難しい場合は、サプリメントでもいいでしょう。

【ビタミンCの多い食べ物】

・赤パプリカ ・・・・ 170㎎

・黄パプリカ ・・・・ 150㎎

・菜の花 ・・・・ 130㎎

・ブロッコリー ・・・・ 120㎎

・カリフラワー ・・・・ 81㎎

・豆苗 ・・・・ 79㎎

・ゴーヤ ・・・・ 76㎎

・ピーマン ・・・・ 76㎎

※100gあたりの含有量

シミ(メラニン)を排出する食べ物

ビタミンAは新陳代謝を上げる効果があり、シミ(メラニン)を排出するので有効です。

ビタミンAの含有量の多い食べ物をとることで、シミができにくくなるだけでなく、既にあるシミも薄くする効果があります。

ビタミンAは体内に貯めておける栄養素なので、摂り貯めすることも可能です。

【ビタミンAの多い食べ物】

・鳥レバー ・・・・ 14000μRAE

・うなぎのかば焼き・・・・ 1500μRAE

・モロヘイヤ・・・・ 840μRAE

・にんじん・・・・ 720μRAE

・春菊・・・・ 380μRAE

・ほうれん草・・・・ 350μRAE

・豆苗・・・・ 340μRAE

・西洋カボチャ・・・・ 330μRAE

・大根の葉・・・・ 330μRAE

※100gあたりの含有量

顔のシミに効果的な化粧品の選び方

顔のシミに効果的な美白成分はいくつもありますが、肌のターンオーバーサイクルを正常化させる成分が配合された化粧品を選ぶといいでしょう。

ターンオーバーサイクルが正常化されると、新陳代謝が促進され、効率的にメラニンを排出し、顔のシミをケアするだけでなく、さまざまな肌トラブルも一緒に解消されます。

また、美白成分の中には肌刺激の強いものもあるので注意が必要です。

いくら美白効果が高いからと、肌が弱っているときに使うと、炎症などの肌トラブルを招き、色素沈着からかえって顔にシミをつくる原因になります。

つまり、とくに顔のシミをケアしたい日焼け後や、敏感肌の人、肌乾燥のときや生理中など、肌が弱っているときには、肌に刺激の少なく、肌のターンオーバーサイクルを正常化する化粧品を選ぶようにしましょう。

顔のシミにおすすめの化粧品

肌のターンオーバーを正常化して、メラニンを排出し、シミを効果的にケアするだけでなく、肌のハリや弾力もアップさせる敏感肌対応の化粧品をご紹介します。

セラミド配合してバリア機能強化する|敏感肌対応のエイジング化粧品「アヤナス」

通常のセラミドを1/20のサイズにして、4倍の浸透力で肌の奥まで潤いを届けてバリア機能を強化。

肌が本来の健やかさを取り戻し、ターンオーバーが正常化し、過剰に生成されたメラニンを排出していきます。

さらに、CVアルギネート配合でコラーゲンを生成して、肌のハリと弾力を取り戻します。

肌の細胞からうるおいを与える|肌細胞自体を活性化する「オルビスユー」

肌細胞のうるおい環境活性させ、肌全層に水の通り道をつくり、肌細胞の脱水症状を解消します。

細胞レベルで保湿ケアすることで、肌細胞が活性化し、ターンオーバーが促進され、メラニンを排出していくことで、表皮の内側からうるおいに満ちて、透き通るような肌にしてくれます。

肌が自らうるおいをつくり出す理想的な保湿ケアができます。

ビタミンCの2倍の美白力|世界初の高濃度ラクトフェリン配合「ラクトフェリンラボ」

ラクトフェリンは、もともと人が持つ免疫成分なので、安心して使用できる成分です。

さらに、活力の衰えた肌細胞を活性化させる美肌効果を立証されています。

ビタミンCの2倍の美白力を持ち、肌に塗ることでシワを改善することも学会で発表されています。

そんなラクトフェリンを高濃度で配合した唯一の基礎化粧品です。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪