肌のキメを整えるおすすめのサプリランキング

肌のキメが粗くなると、ファンデーションのノリが悪くなり、それだけでも憂鬱になりますよね。

肌のキメが細かく整って、なめらかな肌をしているだけで、メイク映えもするし、美人効果満点です。

そんな肌のキメを整えるには、化粧品だけではなく、身体の中からケアすることが大切です。

そこで、肌荒れや肌のキメを整えるのに効果的なサプリをおすすめ順にランキングでご紹介していきます!

化粧ノリも左右する美肌のポイント「肌のキメ」とは?

肌荒れをすると、肌のキメが粗くなり、化粧ノリも悪くなりますよね。

肌のキメが細かく整っていると、肌の表面がなめらかでツヤがあり、自然と透明感も生まれます。

つまり、肌のキメを整えることが、美肌の条件となります。

そんな肌のキメですが、どんな状態であることが、細かく整っているということなのでしょうか?

肌のキメが整っている状態とは?

手の甲や、頬などの皮膚の表面をよく見てみてください。

皮膚の表面に、網目模様のような凹凸がありませんか?

皮膚の表面には、縦、横、斜めに細かい線が入っていて、その線に区切られるように、三角形やひし形などの多角形などに盛り上がっている部分があります。

この細かい線の溝のことを「皮溝(ひこう)」といい、盛り上がっている丘の部分を「皮丘(ひきゅう)」といいます。

肌のキメとは、この「皮溝」と「皮丘」の状態のことをいうのです。

乾燥などよる肌荒れや、加齢によって肌のキメが粗くなってしまうと、「皮溝」の線は太く深い溝となり、「皮丘」の形がふぞろいになり、肌の表面に凹凸が目立ち、ザラっとした状態になってしまいます。

肌のキメが細かく整っている状態とは、「皮溝」の線が細く浅い溝で規則正しい網目状で、「皮丘」が三角や四角で小さくふっくらと弾力があり、肌の表面に凹凸が少なく、すべすべとした状態です。

肌の表面がすべすべとなめらかな状態にあると、ファンデーションのノリも良くなったり、肌自体が多くの光を取り込み反射するので、肌の透明感が増す効果もあります。

肌のキメは、遺伝や肌荒れなどのコンディションによっても違いますが、もともと日本人は欧米人に比べて、肌のキメが細かい傾向があります。

基本的に年齢が若いうちは、肌に適度な弾力があるので、肌のキメが細かい状態にあります。

しかし、加齢によって肌の弾力が失われてくると、皮溝の線が太く深い溝になり、皮丘のふくらみもなくなり、皮膚表面の凹凸が目立ち、肌のキメが粗くなっていきます。

さらに、乾燥や紫外線ダメージ、ストレスなどによる肌荒れによっても、肌が水分不足になって弾力が低下し、皮溝と皮丘のバランスが乱れて、網目状態が失われ、肌のキメが粗くなってしまいます。

毛穴の開きが大きくなることも、皮溝と皮丘のバランスを崩し、肌のキメが粗くなります。

肌荒れを予防し、肌のキメを整える栄養素

美肌に必要な栄養素といえばビタミンを連想しがちですが、単純にビタミンのサプリを摂れば、肌のキメが整うわけではありません。

栄養素は単独で作用するのではなく、さまざまな栄養素がバランスよく身体の中で充足することで、はじめて効果的に作用します。

肌荒れを予防し、肌荒れを予防し、肌のキメを整える美肌栄養素は色々あり、人によっても必要な栄養素は違います。

まずは、美肌栄養素をバランスよく摂ることが重要です。

肌のキメを整える美肌栄養素

肌のキメを整えるには、バランスよく栄養素をとることが基本です。

そこで、まずは美肌3大栄養素である「ビタミンA」「タンパク質」「ビタミンC」をしっかり摂取するようにしましょう。

美肌3大栄養素

毎日に食事やサプリから栄養素をバランスよく摂取することで、肌荒れを予防して、すこやかで丈夫な肌をつくり、肌のキメを細かく整えていきます。

■ビタミンA


肌を丈夫にして、うるおいを保つ作用があり、肌表面をなめらかにして肌のキメを整えます。

ビタミンAには、抗酸化作用があり、さらにターンオーバーを促進して、皮膚や粘膜を強く丈夫にして、肌荒れや老化を予防する効果があります。

野菜ではβ‐カロチンとして存在し、体内に吸収されてビタミンAとなり作用します。

ビタミンAの摂取目安は、緑黄色野菜を1日100g以上食べることが大切ですが、不足しがちなのでサプリでも補給することが効果的です。

また、とりだめが可能な栄養素でもあり、体内に蓄積されるので、毎日サプリで補給する場合は過剰に摂取せずに、適量を意識しましょう。

さらに、妊娠中はビタミンAを過剰に摂取すると胎児に影響が出てしまうので、妊娠中は極力摂取を控えるべき栄養素でもあります。

 

■タンパク質
肌の材料となり、肌自体をつくる根本的な栄養素です。

タンパク質があることで、ビタミンなどの栄養素を運ぶことができて、すこやかな肌をつくり、肌のキメを整えることができます。

毎日適量を摂取することで、身体や肌のベースをつくり、代謝も上がります。

摂取目安としては、1日あたり肉や魚を50g、ほかに卵1個、牛乳1杯、もしくはヨーグルト1個などが最低限必要です。

その他、サプリとしてプロティン飲料などを補給するのもいいでしょう。

注意することは、タンパク質をとるために脂身の多い肉を食べたり、油で揚げたり炒めたりすることで、脂質を多くとり過ぎることです。

肉や魚を食べるときは、茹でたり、蒸したりする調理法をできるだけ選ぶことで、余分な脂質を抑えられ、ダイエットにもつながります。

 

■ビタミンC
ビタミンCには、保湿、美白、アンチエイジング効果があります。

抗酸化作用があるので、日焼けによる紫外線ダメージを低下させる効果がるので、毎日積極的に摂取したい栄養素です。

ビタミンCの摂取目安は、1日あたり淡色野菜で200gといわれています。

熱に弱いため、生野菜で食べる必要があり、冬場は身体を冷やすので、短時間加熱するか、サプリなどで補給するといいでしょう。

とりだめのできない栄養素なので、毎日少しずつサプリを飲んで補填することもおすすめです。

肌のキメを乱す原因別に必要な栄養素

肌荒れや肌のキメを整えるのに必要な栄養素の基本は、美肌3大栄養素である「ビタミンA」「タンパク質」「ビタミンC」を摂取することですが、肌のキメを乱す原因によって強化して摂取すべき栄養素が変わってきます。

肌のキメが乱れる原因は大きく3つで、肌乾燥による水分不足と、加齢(老化)による肌のハリや弾力の低下、毛穴の開きです。

自分の肌のキメが乱れている原因が、乾燥、加齢、毛穴の開きのどれにあてはまるか、自分の肌状態をチェックして、あてはまる原因に必要な栄養素をプラスしてとるようにしましょう。

それでは、それぞれの原因別に必要な栄養素をご紹介します。

肌の乾燥に必要な栄養素

・ビタミンA

・鉄分

・セラミド

・コラーゲン

・ヒアルロン酸

美肌3大栄養素の一つであるビタミンAは、肌にうるおいを与え、ターンオーバーを促進します。

また、もともと肌の表皮の成分であるセラミドや、真皮の成分のコラーゲン、ヒアルロン酸もサプリなどで補給すると高い保湿効果を発揮します。

さらに肌が乾燥しているときは、血行不良も起きており代謝が低下しているので、これらの栄養素に加えて血行を促進する鉄分を一緒に摂取するとより効果的です。

加齢による肌のハリ・弾力の低下に必要な栄養素

・ビタミンA

・ビタミンC

・ビタミンE

肌老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化力に優れた栄養素であるビタミンA、C、Eをとることが大切です。

ビタミンA、C、Eをまとめてとることで抗酸化作用の相乗効果が生まれます。

毛穴の開きに必要な栄養素

・ビタミンB1

・ビタミンB2

毛穴の開きは、毛穴からの過剰な皮脂分泌が原因なので、皮脂分泌を抑えるビタミンB1、B2をとることが効果的です。

ビタミンB1は、炭水化物の代謝を助ける栄養素で、炭水化物はしっかり代謝されないと皮脂分泌を促します。

ビタミンB2は、皮脂の分泌自体をコントロールする作用があります。

肌のキメを整えるおすすめのサプリメント

肌荒れを予防し、肌のキメを整えるのに必要な栄養素についてご紹介しましたが、それでは具体的にどんなサプリを飲めば効果的なのでしょうか?

肌のキメの乱れている原因によって、より強化すべき栄養素は少し変わってきますが、まずは美肌3大栄養素であるビタミンA、ビタミンC、タンパク質をしっかり摂取することが重要です。

さらに、肌のキメを整えるのに一番重要なことは、肌乾燥を防ぐことです。

なぜなら、肌乾燥によっても加齢による肌のハリや弾力の低下や、毛穴の開きも悪化させるからです。

つまり、美肌3大栄養素ビタミンA、ビタミンC、タンパク質に加えて、肌にうるおいをもたらす作用のある、鉄分、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの栄養素を食品やサプリを飲んで摂取することが、肌のキメを整えるのに効果的なのです。

そこで、ビタミンA、タンパク質については、食品からできる限り摂取し、ビタミンC、鉄分、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などはサプリで補給するといいでしょう。

ビタミンAはとりだめのできる栄養素なので、緑黄色野菜をできるだけ食べるようにし、タンパク質は赤みの肉や魚、卵、乳製品などを適度にとるようにしましょう。

それでは、肌荒れを予防し、肌のキメを整えるサプリメントをおすすめ順にランキングでご紹介します。

肌のキメを整えるサプリランキング

【第1位】 オルビス ディフェンセラ

出典元:オルビス公式サイト

メーカー:オルビス
ブランド名:オルビス
本体価格:3,200円
発売日:2019/1/1

【商品説明】
「肌の水分を逃しにくくするため、肌の乾燥が気になる方に適している」と許可された日本初の特定保健用食品(トクホ)のサプリメント。

米胚芽由来のグルコシルセラミドをさらに高純度にした「高純度セラミド(DF-セラミド)」を配合し、毎日飲むことによって肌の水分を逃しにくくするため、肌荒れを防ぎ、肌のキメを整えてくれます。

@cosmeベストコスメアワード2019 上半期新作 ベストインナービューティ 第1位を獲得した、実力派の人気サプリでもあります。

水なしで美味しく飲めるサラサラパウダーです。

【第2位】 DHC 持続型ビタミンC

出典元:DHC公式サイト

メーカー:DHC
ブランド名:DHC
容量・本体価格:30日分・360円
発売日:2017/7/6

【商品説明】
美容や健康に欠かせない栄養素であり、抗酸化作用を持つビタミンCですが、壊れやすい性質のうえに水溶性なので、1度にたくさん摂っても、摂取後すぐに余分な分は排出されてしまいます。

毎日摂取して、できるだけ不足時間を少なくしておきたい栄養素でもあるビタミンCを、1日1000mgじっくりと補えるサプリ(栄養機能食品)です。

DHCの『持続型ビタミンC』は、失われやすいビタミンCをタイムリリース処方でゆっくりと放出するので、効果的にビタミンを摂取できます。

ビタミンCは肌荒れ予防や肌のキメを整えるための必須栄養素なので、毎日続けて摂取することが大切。

1カ月(30日分)360円と低価格サプリなのもうれしいポイントです♪

【第3位】チョコラBB 美 チョコラ コラーゲン

出典元:チョコラBB公式サイト

メーカー:エーザイ
ブランド名:チョコラBB
容量・本体価格:120粒・1,886円
発売日:2013/3/14

【商品説明】
コラーゲンをはじめ、ビタミンB群、ビタミンCなど、7種の美容成分を配合しているので、肌荒れ防ぎ、肌のキメを整えるのに必要な栄養素を効率よく摂取できるサプリです。

皮脂分泌を抑えるビタミンB1、B2配合で、毛穴の開きによる肌のキメの乱れにも◎

コラーゲンペプチド600mg配合だから、肌のうるおいを取り戻し、ハリや弾力もアップします。

タブレット(錠剤)タイプで飲みやすいです。

【第4位】 ファンケル ディープチャージ コラーゲン

出典元:ファンケル公式サイトファンケル公式サイトファンケル公式サイト

メーカー:ファンケル
ブランド名:ファンケル
容量・本体価格:180粒(約30日分)・1,500円
発売日:2018/3/20

【商品説明】
吸収力と生み出す力に優れた「HTCコラーゲン」にコラーゲンの分解を抑える「バラつぼみエキス」とコラーゲンの合成を助けるビタミンCをプラスしています。

HTCコラーゲンを1日あたり1,000mg摂取でき、小粒で飲みやすく、手軽に続けられる粒タイプ。

コラーゲンサプリで1カ月(30日分)1,500円とお手軽なのもポイントです。

【第5位】 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル

出典元:ネイチャーメイド公式サイト

メーカー:大塚製薬
ブランド名:ネイチャーメイド
容量・本体価格:120粒・2,400円

【商品説明】
普段の食事では補い切れない栄養素を補完する基礎のサプリ(ベースサプリメント)としておすすめで、肌荒れや、肌のキメの乱れ予防になります。

1粒で手軽に、12種類のビタミンと7種類のミネラルがとることができます。

身体の中では様々なビタミン、ミネラルがお互いに協力しながら働いていて、どれか1つでも欠ければ正常に働くことが難しくなるので、複合的に摂取できるタイプは効果的です。

まずは、複合的な栄養素の補填にこれ1粒から始めてもいいですね。

また、コラーゲンやセラミドなどの保湿系サプリと合わせると、より効果的に肌のキメを整えることができます。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪