メイクブラシ初心者にもわかりやすい!正しい使い分けと使い方

メイクのときにメイクブラシを使っていますか?

今まで何となくメイクブラシを使っていたけど、メイクブラシの使い分けや、正しい使い方がよくわかっていない人は多いはず。

メイクブラシを使いこなせれば、一気にメイクの腕が上達します。

そこで、初心者でもわかりやすく、メイクブラシの選び方や人気ブランド、正しい使い分けや使い方についてご紹介していきます。

メイクブラシを使うメリット

メイクブラシ初心者だったり、メイクブラシの使い方やメリットがいまいちよくわからないから、アイシャドウやチークを塗るときは、指や付属のチップ、ブラシ、パフで塗っているという方も多いと思います。

同じメイクアイテムでも、メイクブラシを使って塗るだけで、仕上がりが断然良くなるのです。

メイクブラシを使うメリットとは、厚塗りにならずに、ムラなく、美しくキレイな仕上がりになることです。

メイクブラシ使うことで、グラデーションや濃淡の強弱など、絶妙なニュアンスを調整できるのです。

例えば、ファンデーションやフェイスパウダーでは、厚塗り感を防いだ均一な仕上がりで、ハイライトやシャドウも自然に入れることができます。

アイシャドウでは、きれいにグラデーションをつくれて、ラメも効果的に発色させられます。

チークでは、ふんわりと色味をのせて、自然な血色感の演出もできます。

アイブロウも、メイクブラシを使うとに自然にムラなく、濃くなりすぎずに、直線も緩やかなカーブも簡単に描くことができます。

メイクブラシは、細かい部分や広範囲もムラなく均一に塗ることができ、つけすぎずることなく、ふんわりとカバーできるメリットがあり、使うことで断然仕上がりが美しくなるのです。

さらに肌への刺激も少なく、メイクの負担が軽減できる効果もあります。

メイクブラシの素材と種類

メイクブラシをより効果的に使うためには、適切な素材や種類を選んで、メイク部位によって使い分けることが大切です。

それでは、より効果的にメイクブラシを使うために、種類や選び方についてみていきましょう。

メイクブラシの素材

メイクブラシの素材や種類はさまざまですが、まずはメイク部位合わせて、大きさや形を使い分けることが大切です。

さらに、メイクブラシの素材まで使い分けることができれば、メイク初心者でも一気に腕が上達してしまいます。

それでは、まずはメイクブラシの素材と種類、使い分けについてみていきましょう。

素材(毛質)

メイクブラシの素材(毛質)は、天然毛か人工毛かの2つに分かれます。

選ぶ素材によって、メイクの発色も変わってきます。

・天然毛

天然毛は、動物の毛を使用していています。

ヤギやリス、イタチ、ムジナのなどの毛を使っていて、軟らかいものから、硬い毛まであり、動物の種類や、毛の生えている部位によって性質が違います。

ブラシによくパウダーを含み、鮮やかに発色させるものから、あまりパウダーを含まずにふんわり仕上げるものなど、使用感の幅が広いのも特徴です。

そのように表現の幅が広いことから、プロ仕様のメイクブラシには天然毛が多いです。

ただ、天然毛は人工毛よりも高価なものが多く、お手入れも難しく扱いにくいので、メイクブラシ初心者には使いにくいかもしれません。

また動物の毛のブラシなので、アレルギーがある方はかゆくなることがあるので注意が必要です。

高級なヤギ毛やリス毛を選べば、毛も柔らかく刺激も少なめです。

・人工毛

人工毛は、おもにナイロンでできており、天然毛と比べると比較的安価なものが多く、お手入れもしやすいのが特徴です。

以前は、人工毛のメイクブラシは安価だが性能がイマイチといわれていましたが、今は品種改良も進み性能の良いものも多く出ています。

人工毛のメイクブラシの中には、高級ナイロンの「タクロン」を使用したものもあり、しっとりした質感で傷みにくく、お手入れも簡単なので、メイクアップアーチストの人気ブランドのメイクブラシにも使用されています。

メイクブラシは直接肌に触れるのなので、自分に合った素材で、チクチクせずに肌刺激の感じにくいものを選ぶようにしましょう。

メイクブラシの種類

メイクブラシの種類を増やして、メイク部位によって使い分けをすると、メイクの幅が広がって、一気にメイク上手になれます。

メイクブラシの基本としては、以下のようなものがあります。

アイブロウ用

・スクリューブラシ

・アイブロウブラシ

アイメイク用

・アイシャドウブラシ

・アイライナーブラシ

リップ用

・リップブラシ

ベースメイク用

・リキッドファンデーションブラシ

・パウダーファンデーションブラシ

・パウダーブラシ

・チークブラシ(カブキブラシ)

・フィニッシングブラシ

メイクブラシの種類を増やせば増やすほど、メイクブラシの使い分けも大変なり、お手入れの手間もかかります。

メイクブラシ初心者や面倒な人は、人気ブランドの基本のメイクブラシのセットを使ってみたり、いくつかのメイクブラシをポイントで使ってみるのもいいでしょう。

メイクブラシの種類別の使い方

メイクブラシを種類別に使い分けるだけで、同じメイクアイテムでも、仕上がりに差が出ます。

持っていると一気にメイクの幅が広がる4本について、使い方と合わせて、おすすめの人気ブランドの商品もご紹介します。

スクリューブラシ

眉毛の毛並みを整えたり、アイブロウをぼかしたりする際に使います。

また、マスカラ前にまつ毛をとかして、ダマをできにくくしたり、マスカラを塗ったあとのダマを取ることもできます。

まつエクをしている人は、スクリューブラシでまつ毛をとかして毛並みが整えると、まつエク持ちも良くなります。

アイブロウブラシ

アイブロウパウダーをブラシに取って眉毛を描くときに使ったり、アイブロウペンシルで眉を描いた後、ぼかしたり、輪郭を整えるのにも使えます。

短く平らに毛が切りそろえられていているので、安定してムラなく、ふんわりと濃くなり過ぎずに眉毛をかくことができます。

毛先が斜めにカットされているものもあり、アングルブラシとも呼ばれ、ジェルでアイライナーを引き際にも使えます。

出典:amazon.co.jp
amoore /デュアル アイブロウブラシ&スクリューブラシ
550円 (税込)

スクリューブラシ×アイブロウブラシの2wayタイプ。

アイブロウブラシの毛先が斜めカットされ、眉尻までキレイに描け、アイライナーブラシとしても使えます。

アイシャドウブラシ

アイシャドウを塗ったり、ぼかすときに使います。

大きさは、大、中、小の3タイプあると、アイホールにきれいなグラデーションをつくることができます。

大きめのものは、アイホール全体にふんわりとベ―スのカラーを入れるのに適しています。

中くらいの大きさのものは、ブレンディングブラシといわれ、アイシャドウのキーカラーを塗り、グラデーションをつくるのに適しています。

さらに、鼻筋のメイクにも使え、ノーズハイライトやシャドウのぼかしを入れるなど、ニュアンスカラー使いにも最適です。

一番小さいアイシャドウブラシは、細かい部分まで塗れるので、目の際のアイシャドウを塗るのに適しています。

アイシャドウブラシを1本で済ませたい人は、まずは小さいアイシャドウブラシがいいでしょう。

小回りが利いて万能なため、マルチに使えます。

出典:ロージーローサ
ロージーローザ /熊野筆 アイシャドウ用 S
648円(税込)

やわらかな天然毛(馬毛)を厳選し、化粧筆の名産地『熊野』で丁寧に作り上げています。

まぶたの際や締め色におすすめの小さめサイズです。

同じシリーズからM、Lサイズもあるので、合わせて揃えてもいいでしょう。

ファンデーションブラシ

ファンデーションのタイプ別に専用のブラシもありますが、パウダー、リキッド、クリーム、固形ファンデーション、全てのタイプにマルチに使える使えるファンデーションブラシなら、使い分けもいらずに便利です。

メイクブラシ初心者でも、ファンデーションを肌に均一にのせられ、厚塗り感が出ないのに、しっかりカバーしてくれます。

パフや指で肌にのせるより薄付きになり、ファンデーションが肌にしっかり密着します。

毛先が少し斜めにカットされているものなら、小鼻の周りや、目の際までしっかり塗り込めます。

出典:資生堂オンラインショップ
資生堂 /ファンデーション ブラシ 131(専用ケース付き)
1,944円(税込)

メーキャップアーティストが監修したファンデーションブラシ。

毛の質・長さ・毛先・斜めフラット面の効果により、ファンデーションの肌への広がりの良さがありながら、薄く均一に密着させることができ、カバーしているのに素肌っぽい完成度の高い美肌に仕上げます。

顔のあらゆる角度にフィットする斜めカットブラシです。

パウダリー、リキッド、クリーム、固形乳化タイプのあらゆるファンデーションに使用出来ます。

まずは人気ブランドのメイクブラシをいくつか使用してみると、メイクブラシの使い方や良さがわかり、メイクの仕上がりも格段によくなると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪