目の下のクマを隠すなら美白化粧品が効果的◎

目の下のクマって意外と目立ちますよね。

クマが濃いと顔色が冴えなく見えて、肌の色が暗いような印象を受けます。

目の下にクマができてしまう原因はいくつかあります。

紫外線が原因だったり、目をこすって生じた摩擦による色素沈着だったり、疲れや睡眠不足、ストレスなどが原因の血行不良によってできてしまうことがあります。

睡眠不足になるとクマができるとよく言いますが、このクマは血行不良が原因だったのです。

最近気になる目の下のクマの濃さ

クマはあるだけでも嫌なものですが、そのクマがどんどん濃くなってきたら焦りますよね。

目の下は、メイクやクレンジング、花粉症などのアレルギーなどによって、刺激や摩擦が生じやすく、肌がくすみやすい部分です。

そんなくすみやすい目の下に、さらにクマを作って肌のくすみを悪化させたくないですよね。

目の下のクマには3つタイプがあり、特徴やできる原因が異なるので、ケア方法も変わってきます。

それではまず、目の下のクマの特徴からみていきましょう。

目の下にできるクマの特徴とは

クマができてしまう原因は、全てが同じではありません。

人によってクマができる原因は異なるので、まずは自分のクマが、次の3つのタイプのうち、どの種類になるのか確認しましょう。

①青クマ

血行不良によるクマが、この青クマです。

青クマは睡眠不足や疲れ、ストレスなど、ちょっとした生活習慣の乱れによって引き起こされます。

青クマが気になったら、まずは生活を規則正しいものへと変える努力をしてみてください。

②茶クマ

茶クマは色素沈着してしまった時にできるもので、紫外線や摩擦などの影響によって起こります。

茶クマを治すためには美白化粧品を使い、直接クマができた肌に浸透させてケアしていくことが大切です。

目の下のクマはこのように色タイプから、クマができてしまった原因をある程度特定することは可能です。

③黒クマ

黒クマは目の下のたるみや涙袋、目の下にできたくぼみなどによって起こるものです。

肌にくぼみがあるような場合は、肌がたるんでいる証拠なので、目の周りの筋肉を鍛えることを意識してみてください。

美白化粧品で改善できるクマのタイプとは

目の下のクマにも、美白化粧品を使うことによって改善できるタイプのものと、残念ながら美白化粧品では改善できないタイプのものがあります。

美白化粧品で改善できないタイプのクマは、目の下のたるみや涙袋、目の下にできたくぼみ原因の黒クマです。

くぼみの中でも元々のものが原因である場合もあるので、これを変えることは非常に難しいです。

そのような黒クマの場合は、美白化粧品ではなく、メイクで影がクマに見えるのを目立たなくする工夫をするしかありません。

美白化粧品を使うと改善されるタイプのクマは、色素沈着が原因でできる茶クマです。

色素沈着はメラニン色素が定着してしまったために起こることが多いため、メラニン色素を薄くするような効果がある美白化粧品はとても効果が高いと言えます。

青クマにも美白化粧品を使ったスキンケアが有効です。

青クマには美白化粧品を使うだけではダイレクトな効果はありませんが、美白化粧品を使いながらマッサージをして血行促進することで、凝り固まった筋肉を柔らかくして、老廃物が押し出され、血行を促進し、美白作用によって色白になります。

目元ケアはいつするのがいいの?

クマを消すためのケアは、就寝前に行うのがベストです。

目を酷使する日中にケアを行っても、あまり意味がありません。

就寝前に美容液をつけ、ゆっくり眠ることで成分がしっかりシミのもとへ届きます。

疲れも緩和できるように、たっぷりとした睡眠時間の確保をしましょうね。

こうした目の下のクマを美白化粧品で治すにはビタミンC誘導体等が配合されている美白化粧品を使うのが効果的です。

化粧水や乳液、クリームでしっかり保湿して、アイクリームやUV美容液などを使ったスポットケアもお忘れなく。

ハイドロキノンのクリームを使いたいという方もいますが目元に使うのはトラブルの原因となりますので絶対に使わないでくださいね。

さらに、アイプチやつけまつげなどの接着剤が茶色いクマの原因となっていることもありますので本当に治したかったらアイメイクも卒業すべきです。

美白化粧品を使って美肌を目指そう

クマが美白化粧品で解消できるというのは、少し意外なことかもしれません。

しかし、目の下のクマの原因は複数で、寝不足やストレスだけではなく、色素沈着や、肌のたるみなどさまざまです。

美白化粧品を使うことで、クマだけでなく、くすみやシミなども薄くなり、肌を白くすることができます。

クマと一緒に、シミやくすみをなくせば、肌が均一に見え、メイク映えする透明感のある美肌になれるのです。

またエイジングケア効果のある美白化粧品を使用すれば、エイジングの悩みもクマと一緒に解消できます。

いくら肌が綺麗でも、クマがあればそこが気になってしまいます。

目の下のクマがなくなれば、疲れたような印象もなくなります。

黒クマだから美白化粧品をしても意味がない、と思うようなときでも、実は複数のクマになる要因が絡んでいて、美白化粧品でクマが解消されることもあります。

まずは、美白化粧品を使ってみて、そのクマが美白化粧品で良くなるタイプのものなのか試してみるのもいいでしょう。

その上で、美白化粧品で良くならないタイプのクマには、他の方法を試していくようにしましょう。

美白化粧品を使ってみることがクマをなくし、美肌を作っていくために重要な役割を果たします。

クマだけでなく、シミやくすみを同時に薄くしていくことが可能なので、肌の透明感をアップさせることも可能です。

美白化粧品で目の下を重点的にケアし、顔全体も美白していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

毛穴悩みを抱えている30代元美容部員の肌美です♪ このブログでは毛穴ケアについて悩みを改善する方法を独自に調査&共有! 実際に私が気になる化粧品を購入し、独断と偏見ですが・・・レビューも書いています。同じ悩みを抱えている方!一緒にツルツル美肌を目指しましょう♪